7月29日(土)に鳥取県布勢総合運動公園陸上競技場にて、JCカップ

U-11少年少女サッカー全国大会の中国地区予選大会が開催されました。

C-1

C-2

準備にあたる中国地区アカデミー委員会

C-3

C-4

C-5

C-6

C-6.5

C-7

本大会は、スポーツを通して地域間の連携強化とグッドルーザーの精神を
基軸とした未来のリーダーとなる子供たちの健全な育成に寄与
することを目的に開催をされました。

C-9

開会前に本部テントへ挨拶にくる子供達

C-8

中国地区協議会役員団

C-10

やや曇り空でしたが、暑過ぎずとてもスポーツに適した天候となりました。

C-11

佐野会長と来賓

C-12

C-13

司会をつとめる中国地区アカデミー委員会副委員長の山田光成君

C-14

佐野会長挨拶

C-15

㈱ミロク情報サービス 岡山支社 支社長様

C-16

鳥取市教育委員会 教育長様

C-17

選手宣誓

開会式が終わり、試合開始までの間にグループワークが行われました。

地域の未来に希望をもたらす人材を育むために、サッカーの試合だけではなく

チームの子供達をグループ別に分け、ディスカッションを通じて地域の魅力

や地域愛を育み、自身の住み暮らす地域の魅力や他地域の魅力に触れます。

そして、このグループワークにおいて、本大会でとても重要な意味を

もつグリーンカードの説明を行いました。

C-18

C-19

C-20

C-21

グリーンカードはグッドルーザーの精神に溢れたプレイをした選手に与えられます。

グッドルーザー=勝っても負けても、相手を思いやれる大きな心と強い精神力のことです。
U-11の青少年が今学ぶべきは、「良き勝者であり、良き敗者」の精神なのです。

試合終了後には、上位チームの表彰の他に、グリーンカードの獲得枚数に応じた表彰も行われました。

C-22

C-23

C-24

C-25

C-26

C-27

試合終了後には、日本サッカー名蹴会によるサッカークリニックが行われました。

C-29

C-30

C-31

クリニック終了後、表彰式へ

C-32

3位は島根県の北陽ウインズサッカークラブ

C-33

2位は山口県のクレフィオ山口フットボールクラブ

C-38

そして優勝は鳥取県の福米西サッカークラブでした!!

C-34

グリーンカード表彰は金田会長より渡していただきました。

C-36

閉会挨拶は中国地区アカデミー委員会 委員長 澤田健吾君

C-37

最後に関係者全員で記念撮影を行いました。

本事業にご協力いただいた関係者の皆様、本当にありがとうございました。