7月17日、ルネッサながとで未来山口創造委員会事業「考えよう山口の未来を、拡げようわたしたちの地域資源〜将来の山口への礎〜」が開催されました。

IMG_0966

第1部は、「郷土愛を深め、さらに安心して住みよいまちづくりのために」県内6校の高校生による地元地域のプレゼンテーションでした。

人口の減少という地方が抱える問題に対し、どのように対策をするか?という内容が多く、若い世代の視点での様々な提案を聴くことができました。

下関、宇部、長門、光、柳井から出場いただきましたが、普段自分自身が接することが少なかった地域の魅力を知る機会にもなりました。

CIMG2213

CIMG2230

 

第2部は、京都大学教授の藤井聡先生に、「地方創生にむけて環境整備の必要性について」ご講演いただきました。

地方創生の為には、人口増が必要、その為には雇用確保すなわち産業発展が必要、その為には環境整備の充実が必要という内容でした。

日本は首都圏一極集中となっており、環境整備の偏りが原因の1つと言われています。

ドイツやアメリカ、イギリスなどでは、国土の隅々までハイウェイなどの環境整備がかされており、ここ数十年の間首都圏の人口集中は起こらず横ばいとなっているそうです。

7D_A3766

7D_A3763

 

本事業通じて、高校生が発信した魅力や、それらを活かす為のアイデアは、環境整備が重要であるということを学びました。