世界の中の日本プログラム

世界の中の日本プログラム

世界の中で日本は公の利益を考え、ODAや国家間の平和協定などの外交を行っています。しかし、その行動は日本の子供達に広く伝わっていないのが現状です。未来を担う子共たちには世界の中の日本が行ってきたことや先人たちの行ってきた行動を知ってもらい、自国の文化や歴史に愛情や誇りをもち、自らが取るべき行動を考えだすことが必要です。本プログラムでは、民間外交の担い手の礎となる日本人としての自信と誇りを携えてもらうための教育事業を実施致します。

目的

国際感覚を醸成した子供達を増やすために、世界における日本の姿を次代へ繋げていくメンバーを増加させることを目的とします。

実施日時 2017年2月1日~10月30日(メンバー)

2017年4月1日~10月30日(小学生)

実施場所 日本国内
対象者 小学生(5年生、6年生)

概要

日本の教育は国際社会の中での行うべき内容として欠如している部分があります。世界の中で日本は公の利益を考え、ODAや国家間の平和協定などの外交を行っています。しかし、その行動は日本の子供達に広く伝わっていないのが現状です。未来を担う子どもたちには世界の中の日本が行ってきたことや先人たちの行ってきた行動を知ってもらいます。そして、自国の文化や歴史に誇りをもち、自らが取るべき行動を考えだすことが必要です。本プログラムでは、未来において公に資する気概もった民間外交の担い手になるための教育をしていく事業を実施いたします。

 

 

プログラム内容 ①プログラムは対象を小学5年生・6年生の小学生用
②グループワーク形式で行います。
③1回の参加人数は定員50名程度、各グループ6名程度を推奨として行います。
④小学生プログラムは4段階のステップにて構成します。
対象者 日本全国の小学5年生・6年生
実施方法 室内でのグループディスカッション(1グループ6名程度)方式
プログラム時間 45分
最小開催人数 5名
必要機材 プロジェクター、スクリーン(当方で用意も可能です。)

 

 

小学生プログラム

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
目的 海外ってどんなとこ? 国が好きって何だろう? 日本人の活躍ぶりを知ろう! みんなで話し合おう!
内容

 

世界各国の日本とは違う街並みや文化を知ってもらいます。 親日になった理由を知ってもらいます。 先人や今の日本の活躍を知ってもらい、日本人のアイデンティティを知ってもらいます。 ワークショプ

(世界という広いステージで世のため人のためを考えて行動していく力を育みます。)

段階ごとに世界の中の日本の実情を知ってもらうためにSTEP3までにインプットした内容を整理し、STEP4のワークショップにてアウトプットすることで国際に対しての理解度の向上と興味や行動していく力を育みます。

 

トレーナー育成プログラム

小学生プログラム45分終了後に引き続きトレーナー育成用プログラム開始

STEP1 STEP2 STEP3 STEP4
目的 国際理解教育の現状の把握 未来に必要な人材の理解 私たちがしていくべき行動とは これからの国際理解教育について考える
内容 いま求められている国際理解教育の現状とこれからについて知ってもらう。 民間外交とはどういったもので、どのような人材が必要なのかを理解してもらう。 ワークショップ①(子供たちのために民間外交の担い手として自らがやるべきことを洗い出す。) ワークショップ②(子供たちが理解しないといけない事柄を洗い出す。)

小学生プログラムに加え、国際理解教育についての知識と必要性を知ってもらうためにSTEP3とSTEP4のワークショプにて地域の子どもたちに国際の機会や教育を行っていく引き出しの数を増やすことを手法の内容として、自分自身で行動する意欲を高めてもらいます。

 

 

プログラムの開催をご希望される方はこちらからお申し込みください
対象プログラム