平成29年9月9日・10日に大阪府堺市のJ-GREEN堺におきまして、
第3回JCカップU-11少年少女サッカー大会 全国大会が開かれました。

全国10地区から予選を勝ち抜いたチームと国際交流・開催地交流の招待枠2チームの計12チームでの大会となりました。

1日目はA・B・C・Dパートに分かれてのリーグ戦。各リーグの1位・2位・3位で2日目のトーナメントが決まる大事なリーグ戦でした。九州地区で参加した大分県代表のスマイス・セレソンはAパート2位通過となり、翌日のトーナメントに臨みました。

2日目は前日のリーグ結果によるトーナメント戦。各パート1位通過チームが優勝を争うトーナメントとなります。やはり全国のレベルになると、小学生とは思えないほどのレベルの高い試合となりました。
決勝戦は関東地区代表の江南南サッカー少年団と東海地区代表の大山田サッカースポーツ少年団。
激闘の末、関東地区代表の江南南サッカー少年団が第3回U-11少年少女サッカー大会全国大会を制しました!

名蹴会との交流として、名蹴会クリニックを始め、ドリームマッチも開催され、各チームの代表選手と、名蹴会の金田会長を始め、元Jリーガーとの試合が行われ、子供達の笑顔溢れる全国大会となりました。

写真はFacebookに掲載中
です。