LOM支援委員会:事業計画

          LOM支援委員会 委員長 川東 鉄兵

県内には13のLOMが存在し、在籍年数の短期化や新入会員の減少という問題に直面する一方で、地域の様々な問題に対して明るい豊かな社会の実現に向けて課題を抽出し解決に向けた運動を展開しています。地域を牽引するリーダーを育成し、より高い志と強い覚悟を持ったJAYCEEが増え、これまでに紡がれてきた尊い運動を継承するとともに、増と強という二つの両輪で県内13LOMのさらなる組織強化に繋げる必要があります。

まずは、県内13LOMの持続的な会員拡大を支援するために、各LOMと会員拡大の情報を共有し、支援ツールを発信するとともに、会員同士のコミュニケーションを図り、JCを楽しみながら円滑でより良い実績へと繋げ、偶然の機会を必然の機会へと昇華させます。そして、地域に変革をもたらすリーダーを増やすために、各LOMの会員拡大に関する現状把握と進捗状況を調査分析し、その結果に基づいて資料を作成し、各LOMのメンバーが会員の拡大活動に対し戦略的に取り組めるよう定期的に会員拡大戦略会議を実施します。さらに、地域を牽引するリーダーを一人でも多く育成するために、JC活動の転機ともいわれている入会3年未満の会員を対象に、アカデミー研修の企画・実施を行うことで、会員の資質の向上を図ります。また、地域の未来を描きイノベーションをもたらすメンバーを育成するために、JAYCEEとしての基礎知識を深められる、JCIトレーニングコース及び日本JC公認プログラムの情報を発信し、参加意欲を高めることで、役職や地域性に捉われない、厚みのあるLOMを牽引する自信に溢れるメンバーを育てます。

より高い志と強い覚悟を持つJAYCEEが、各LOMの思い描く青年会議所へと更なる発展を遂げ、自らの意識と言動でJC運動の魅力を伝え、明るい豊かな社会の実現に向けて地域を牽引するリーダーが育ち希望が溢れ活力漲る自立した鹿児島の創造に繋げます。

 

<事業計画>

1.地域を牽引するリーダーの育成

2.持続的な会員拡大によるLOMの発展に向けた施策の実施