総務広報委員会:事業計画

              総務広報委員会 委員長 若松 愛美

青年会議所は、常に地域と向き合い自ら社会の課題解決に向けた政策を立案し実行する団体であり、その支援を行うブロック協議会には規律ある組織運営のもと県民や会員の共感を生む各地域の事業・運動を広く浸透させることが期待されます。JC運動のさらなる発展には、各LOMとともに連携しながら対内外へ受発信のできる環境構築や、JCとしての社会的信頼性の向上と存在意義を確立し、JCの価値をさらに高める必要があります。

まずは、共感され魅力ある組織となるために、効率的な議論のできる諸会議の設営と論点を的確に捉えた議事録を作成し、規律ある組織運営を行います。そして、社会に信頼される組織となるために、運営規定の順守を徹底し、鹿児島ブロック内のガバナンスを強化します。さらに、組織力向上のために、手帳を作成して配布することで、LOM間の交流や情報共有に役立てるツールとします。また、本会・九州地区協議会・各LOM・関係各所団体との連携のために、情報の受発信を行い、連絡・調整の窓口となります。そして、JCの存在意義を広く伝えるために、ホームページやSNSを通じて正確に情報発信を行い、対内外の共感を集めます。さらに、JCの価値を高めるために、各種メディア・プレスリリースへの迅速な対応及び受発信に取り組み、メディアとの連携を構築します。また、情報システムを最適化して発信するために、ホームページ運用とシステムの管理を行い、JCの情報発信力を強化させます。そして、JCの意見を広く発信するために、JCCSの活用方法の調査分析と利用促進をすることで、メンバーの意見集約を円滑に行います。

立案した事業・運動の事例を展開して共感を集めるとともに、JCの価値をさらに高める組織運営と鹿児島の魅力を受発信する環境を構築し、地域にとって唯一無二の政策立案実行団体である存在意義を確立し、希望が溢れ活力漲る自立した鹿児島の創造に繋げます。

 

<事業計画>

1.JCの価値を高め共感を集める組織運営と情報発信

2.ブロック協議会、県内各地会員会議所の情報共有のシステムの運用