JCCSについて

  • JCCS JC会員向けアンケートシステム

  • 構築の経緯

  • JCCS(JCコミュニケーションシステム)は、情報処理能力に左右されない、参加しやすい仕組み、参加したことに実感を持てる仕組みの構築を目指し新しい試みとして2004年度からスタートしているコミュニケーションツールです。
    国際問題・政治・経済・地域の諸問題或いはJCメンバーに係わる事例について、登録をされているJCメンバーから広く意見を収集し、リアルタイムでの集計を行うことが可能です。
    日本JCのホームページよりPCメール及び携帯メールを登録いただくことで、JCメールマガジンをはじめとした各種メルマガが配信されると共に、随時行われる意識調査に参加することができ、現在では、約27,000名を超えるメンバーにご登録をいただいております。

  • JCCSでできること

  • JCメンバーが係わっている様々な事例、たとえば地域の活性化であるとか、また市民意識の変革運動を担う上での課題などを広くメンバーに問い、意見を収集しています。また今起きている国際問題や政治・経済などに係わる問題を、JCメンバーの方に意見収集し集約することにより、日本JCの総意として、スケールメリットを活かした政策提言が可能になります。調査については、登録者全員のみならず、登録者の地区・ブロック協議会別、男女別等に分けた意識調査・分析が可能です。

  • JCCSの将来

  • JCCSは、加入者100%とすると約33,000名のメンバーが参加することになります。
    そのうちの返信率が仮に30%となると、約10,000名を超えるデータが取れることになります。加入率を上げること、返信率を上げることによりまさにスケールメリットを活かした、データとしてのバックグランドがより精度の高いものとなります。現在行われている二段階無作為抽出法によるアンケートや、電話での緊急アンケートでどれだけの有効回答が得られているでしょうか。日本の政治・経済の中心を担う10,000名の意見が聞けたとしたなら。団体としての知名度があり、加入者の分布が予め把握されている中で、瞬時に数千人ものアンケートデータが集計できたとしたなら。これはアンケートシステムとして非常に魅力あるものではないでしょうか。マスメディアでもこの情報収集能力は無視できないものではないでしょうか。ニュース番組などでJCメンバーの方々の意見です、JCメンバーはこう考えて行動しています、などといった集計結果を紹介するコーナーが出来るかもしれません。まさに市民意識変革運動の旗手として無視できないスケールメリットが活かされることでしょう。ぜひ加入者100%を目指し、すでに加入しておられる方は、返信率を上げることによって、自分たちの意見を伝えて頂きたいと思います。

JC関連

Copyright © 公益社団法人日本青年会議所
All Rights Reserved