固有の文化と未来を担う人材がイノベーションを生む 誰もが夢を描ける四国の実現

総務広報委員会

総務広報委員会 委員長 安部 貴士

 四国の青年会議所は世のため人のため尊い活動を基盤としている政策立案実行団体です。その運動の多くを地域の人々へ合理的に発信しなければなりません。しかし、発信している多くの運動が、地域の人々に広く周知できているかといえばそうではありません。また会員同士のコミュニケーションの活性化も大きな課題です。JCの価値を多角的に高めていくためには、共感を得られるような柔軟な情報発信、情報交換、情報共有が必要です。
 まずは、我々の運動の多くが地域の人々の共感を得られるように今までの広報や情報発信の方法を見直します。そして、四国地区協議会では価値のある情報を発信するために、チャレンジングな広報メディア戦略を立案し、常にデータ計測を行いながら改善を繰り返し四国内外に効果的な情報発信を行います。また、四国地区各地青年会議所のホームページもアクセスの増加や地域の人々から共感を得るために、SNSやICTツールなどを組み合わせながら、積極的な広報支援を行います。さらに、理事長同士の情報交換、情報共有による地域課題を解決する活きた知識を持つために四国理事長サミットを開催します。そして、四国理事長サミット開催についてもSNSやコミュニケーションツールを活用して、当日のコミュニケーションが円滑に進むように設営を行います。また、スポーツによるLOMの地域連携強化や地域間交流を通じた人材育成のため、JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の予選を実施します。さらに、次年度へ向けて四国地区協議会の運営がスムーズに行われるように次年度地区会長の決定と地区大会の開催地決定を行います。
 広報戦略が成功した場合は、JCの価値が多角的に高まり我々の運動に対して国民から多くの共感が集まり、会員拡大を伴った実行力が増大します。また会員間コミュニケーションが高まることで成功事例が情報共有されインパクトのある運動が常に展開されます。

<事業計画>
1.本会の事業・運動の推進
2.内外への情報発信
3.四国理事長サミットの企画実施
27 4.JCカップU-11少年少女サッカー全国大会の予選実施
28 5.次年度地区会長の決定
29 6.次年度地区大会開催地の決定

PAGETOP
Copyright © 四国地区協議会 All Rights Reserved.