s-IMG_0270

2017年4月12日、高松国際ホテルにて高松青年会議所4月公式訪問例会が開催されました。

『地域の実情・特性を活かしたまちづくり』~まち分析から事業構築へ~をテーマに、経済産業省 四国経済産業局地方創生専門官の芝下洋平氏をお招きし、「まち分析 RESAS 活用塾」についてご講演をいただきました。

ご講演後、まちづくり事業を検証し、事業構築方法のプレゼンテーションが行われました。

また、例会終了後、四国新幹線整備計画署名活動、ブロック事業「激論!これからの日本を考える」、坂出青年会議所60周年、四国地区大会東かがわ大会、さぬき青年会議所20周年、香川ブロック大会坂出大会の各PRが行われました。


RESASとは

地域経済分析システム(RESAS:リーサス”Regional Economy Society Analyzing System”)は、地方自治体の様々な取り組みを情報面から支援するために、まち・ひと・しごと創生本部事務局が提供する、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。

https://resas.go.jp/ (↓クリックでRESASへ移動)

s-resas


 

例会

PR