日本の主要4島(北海道・本州・九州・四国)で、唯一新幹線の未整備地区となった「四国」。
この四国に新幹線をと、四国新幹線整備計画への格上げの気運を高めるために、現状の正しい基礎調査結果を共有・発信することを目的とし、その署名活動を4県同時に行うことを、四国地区内 4つのブロックが取り決め致しました。s-1

キックオフは2017年4月1日、高知駅前にて行われました。高知ブロック各LOMの理事長をはじめ、メンバー、スタッフにお集まり頂きました。報道陣に答える田村総一郎会長。s-2

52675

高知県の署名チャレンジ目標は、

15,099票 です!!!!

署名活動の期間は下記の通り。

第1次署名活動 4月1日(土)〜5月31日(水)
第2次署名活動 6月1日(木)〜7月31日(月)
第3次署名活動 8月1日(火)〜9月30日(土)s-3

s-4

合わせて新幹線についての知識を共通のものにしていくために、出前講座も行っております。

先日、6月16日には、(公社)宿毛青年会議所に、高知県産業振興推進部 交通運輸政策課 鉄道担当の濱田様に講演をしていただきました。S__8462370

S__8462374

この署名活動を展開してくださっているのは、高知ブロック協議会 高知の経済再生委員会の長田哲慎委員長ならびに委員メンバーの皆様です。
S__8462376

では、実際、新幹線導入とは現実的であるのか。
また、どのような構想がなされているのか。
四国の新幹線実現に向けて よりデータを抜粋します。

四国新幹線のルートは基礎調査にもとづき、3ルートが考えられております。
こちらは四国内4県県庁所在地を新幹線で結節する場合のルートです。赤線の部分がルートになります。
s-5

s-6

s-7

もし新幹線が実現した場合、通勤・交通の利便性は飛躍的に上がります。

そもそも、新幹線が「無い」ことから、地域間の格差が生じていることは、新幹線の無い地域ではあまり感じられておりません。
新幹線は、基礎的な交通インフラと言ってもいいのにも関わらず、四国のみには開通していないのです。

平成26年12月に中央リニア新幹線が着工されました。

 H39年 品川~名古屋 開通予定
 H49年 名古屋~大阪 開通予定

だそうです。

中央リニア新幹線とは、最高時速500㎞で疾走する次世代の「夢の超特急」と言われています。
新幹線の速さは、
 

 東北新幹線はやぶさ・・・最高時速 約320㎞
 山陽新幹線のぞみ・・・・最高時速 約300㎞
 北陸新幹線かがやき・・・最高時速 約260㎞

などがあります。
中央リニア新幹線が新幹線の速さと比較すると、どのくらい速いのか分かります。

中央リニア新幹線、そして新幹線がある本州。

新幹線もリニア新幹線もない四国。

ますます地域間格差が拡大するのではないか、と濱田講師はおっしゃっていました。

そもそも四国に新幹線なんて現実的なの?

そういう質問がよくありますが、

四国の基礎調査では、費用便益比(B/C)が、1.03と1を超えているとのことで、充分、考慮にたる効果が出せるそうです。

また、近年、新幹線が整備された地方都市の人口を見てみましょう。

 金沢市 46万人
 長崎市 44万人
 富山市 42万人
 長野市 38万人
 青森市 30万人
 函館市 28万人

この数字にくらべ、四国の県内の市の人口を見てみましょう。

 愛媛県松山市 52万人
 香川県高松市 42万人
 高知県高知市 34万人
 徳島県徳島市 26万人

他の新幹線先行地域と比べても、遜色が無いのです!沿線人口も同様。

また経済規模比較においても、遜色ありません。

そもそも瀬戸大橋は、新幹線規格で整備済みであります。

以上のことから、私達は、四国は新幹線が開通するにふさわしい環境があることを理解しています。

 

【四国新幹線による効果】

・新幹線は地方創生、人口減少対策に寄与します。
・四国の経済発展や観光振興に貢献します。
・所要時間の短縮や既設新幹線との直通運転によって、関西圏など他地域との広域的な交流の促進・活性化が図れます。
・便利になった鉄道が、四国へ訪れる新しい人の流れを生み出し、交流人口が増加します。
・新幹線駅を中心とした周辺の開発により、魅力的な街の形成が期待できます。
・オフィス・商業施設等の新規立地など経済活性化が期待できます。
・直結した大都市圏側で、沿線地域の知名度が向上し、四国のイメージアップ効果が期待できます。
・新幹線は災害に強い地域づくりに貢献します。
・高規格な新幹線の構造物は、地震などの災害に対して強く、災害被害に対する四国の強靭化(レジリエンス)が期待できます。
・近畿~四国~九州を結ぶ四国新幹線は、山陽新幹線の代替経路の確保(リダンダンシー)と、近畿~九州を結ぶ国土軸の構築が期待できます。
・新幹線は鉄道ネットワークの維持に貢献します。
・新幹線の運輸収入による事業者の収益基盤の強化によって、四国の鉄道網の維持への貢献が期待できます。
・企業立地が進み、雇用創出により人口流出が抑制されます。
・本社機能移転や企業進出など、今後の持続的な地域経済の好循環が期待できます。

さぁ、皆さん。

四国に新幹線が欲しい!!そう思われた方は、是非是非、

署名の御協力をよろしくお願いいたします。m(_ _)mm(_ _)m

署名活動のスケジュールはこちらを参考にしてください。

s-8

ネット応募も可能です!今すぐ!という方はこちらへ!!s-0

さらに詳しいことを知りたい方は、こちらへ。
 四国の鉄道高速化連絡会 「四国の新幹線実現を目指して

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!!!

公益社団法人 日本青年会議所 四国地区 高知ブロック協議会