大会開催理念

 江戸時代より染色業が発達し、 ニットや絨毯に引き継がれ、世界に誇る繊維と織物

として高く評される山辺町。そして、 やまがたの秋の風物詩として多くの人に

しまれている「芋煮会」発祥の地である中山町は、四季を彩る美しく豊かな自然に恵

まれ、古くから最上川舟運によって栄えてきた地域であります。

  また、これまでこの地に受け継がれてきた「他を慮る心」おもてなしの精神」

多くの人を温かく迎え入れ、地域の気質でもある積極性や行動性を活かし、まちづ

くりに取り組んできました。 近年、過疎化や人口減少、地域産業の衰退に伴い経済や

活力が低迷し、地域の持続的発展が課題となる今、より多くの人に笑顔と活力を与え

活気に満ちあふれる地域をつくり上げていかなければなりません。

 県民一人ひとりが地域の未来を創る担い手としての当事者意識を持ち、持続的に地

を活性化するためにも、この地に根付く何事にも積極的に果敢に取り組んでいく

「AGASUKE精神」とともに、 一期一会の覚悟を持って自らの運命に挑み続け

動する同志べ・やま回山形ブまの

大会スローガン

一期一会の覚悟!

~「AGASUKE精神」あふれる

  新たなまちづくりの発信~

スローガン解説 第50回山形ブロック大会やまのべ大会では、先達から受け継いでき

気概と誇りを胸に各地で様々な運動を展開してきたJAYCEEと県民とが共に連

携を図り、やまのべ大 会を通じて県民の意識変革をもたらすとともに、地域の魅力と

「AGASUKE精神」あ ふれる新たなまちづくりを県内各地へと伝播させ、笑顔が

溢れ誰もが夢を描けるやまがた を実現する大会へと導きます。

シンボルマーク

第50回ブロック大会シンボルマーク原案11-001