皆様、こんにちは。大府青年会議所 事務局総務委員会 事務局長の深谷亮柄と申します。大府青年会議所の活動エリアをご紹介させていただきます。

 

■エリア概要

大府青年会議所は知多半島の東北部に位置する大府市、東浦町を活動エリアとしております。この地域は名古屋市と隣接し、知多半島の玄関口として、伊勢湾岸自動車道に接続する知多半島道路、武豊線の始発駅でもあるJR大府駅などを有する交通の要所として発展してまいりました。エリア人口は現在14万1千人超で、毎年着実に増加しています。産業としては自動車関連を始めとする製造業が多く立地していますが、市街地を少し離れた丘陵地帯には特産のぶどう果樹園や玉ねぎ・キャベツ畑などが広がり、産業と自然のバランスが取れた暮らしやすいまちです。

OB01

 

■ウェルネスバレー

大府市・東浦町に跨るあいち健康の森公園を会場として開催された昨年の第49回愛知ブロック大会では、県下32LOMの多くの皆様にご来場いただきました。改めて御礼申し上げます。自然溢れる大府・東浦と、ぶどうを始めとする特産品をお楽しみいただけたでしょうか。

OB02 OB03

 

昨年のブロック大会でPRさせていただいた「ウェルカム!ウェルネス!大府!」のとおり、現在、この公園を中心に健康・長寿をテーマとした施設・研究機関を集積するウェルネスバレー構想が進められています。小児・長寿医療、介護施設の他、全国有数の規模を誇る産直市場 げんきの郷や充実したアスレチックを備えるこどもの森などもあり、一日遊べるエリアとなっておりますので、ぜひご家族でお越しください。

OB04 OB05

 

■金メダルのまち

2016年のリオ五輪を覚えておられるでしょうか。あの吉田沙保里選手を始めとする女子レスリング代表選手は大府市にあります志學館大学の出身・在籍なんです。またバルセロナ五輪の柔道金メダリストである吉田秀彦さんを輩出された大府市にある大石道場からは、近藤亜美選手が銅メダルを獲得されました。さらには7人制ラグビーで4位入賞を果たされた坂井克行選手も大府市の出身です。

このように大府市はスポーツが盛んなまちで、オリンピックの金メダリストも数多くおられることから、大府市共和商業組合では「金メダルのまち共和」として選手を応援しており、昨年9月には祝勝パレードが盛大に開催されました。皆さんも2020年の東京オリンピックでは、女子レスリング・柔道・7人制ラグビーにご注目ください!

OB06 OB07