話し方を変えれば未来が変わる

2017年4月14日(金)講師にスカーレット・プロモーション代表の佐藤まみ氏を迎え、一般社団法人碧南青年会議所公開例会「スピーチトレーナーによる会話力向上術」、相手に伝わりやすい会話術を学び得ることを目的とし、『話し方を変えれば未来が変わる』をメインテーマに実践を交えながら、話し方や表現力向上につながる講演が行われ、来場された皆様の真剣な眼差しで講演を取り組む姿勢が印象的でした。

 

話し方の大事な点としては話す目的をしっかり明確にし、『相手にどんな影響を与えたいか』という目的意識をしっかり持つことが大事だそうです。その為には、「言葉力」を磨くこと。本を読むことです。ページをめくることに意味があります。言葉でコミュニケーションをとり思いや考えをめぐらす人間にとって、本で語彙力や表現力を学ぶことはとても意義があるのです。スマホなどのスクロールではダメですよ。『本を読む』とても大事なことで、音読により自分の声を耳で聞くとでより効果があるそうです。また人の耳に入りやすい音階は張りのある『ソ』と『ラ』だそうです。ちなみに明石家さんまさんの声は『ソ』と『ラ』が多いそうですよ。

001

 

あなたの魅力を『言葉』で伝える方法

『奥ゆかしさ』が美徳とされてきた日本人にとって、自分の良さをアピールすることは苦手、という方が多いようです。いざ、というときに、自分の強みを言語化して伝えられるようにしておくことはとても大事な要素になってきます。相手の心をつかむには、まず自分自身を知り、自分に自信を持つこと。『自分とはこういう人間なのだ!』を語れる人は魅力に溢れています。人はそういった人の声に耳を傾け、影響を受けたり、信頼を寄せてくれるものです。最後に成功の秘訣、それは実践することです。それこそが結果につなげる一番の近道かもしれません。そして非日常を楽しむ冒険心、好奇心を忘れず、感受性を豊かにしましょう。

002

003

 

 

講師プロフィール

佐藤まみ氏は元ANA全日空グランドスタッフで、その後プロダンスインストラクターを経てFM愛知のアナウンサーに転身し、数々の生番組でキャスターを務めました。司会業をこなしながらイベント企画、有名化粧品メーカー専属教育アドバイザーなどマルチに活動し、現在はブライダル司会を中心にスカーレット・プロモーションにて司会者養成にも力を注いでいます。ブライダル司会においては『この人に司会してほしい』と指名を頂くほどの超人気司会者です。司会者歴20年の実績と、これまで20,000組以上の婚礼に携わり、イベントや式典司会、ラジオパーソナリティーなど契約企業・会場は多数あります。

2015年には一般社団法人 日本ヴォイスヴィジュアル協会を立ち上げ、代表理事として「伝えるチカラ」の可能性をメインに外見力と言葉力の総合的なコミュニケーション向上のオリジナルセミナーを開講されています。