2017年5月15日(月)、安藤竜二氏による、第二回ブランディグセミナーが、青年会議所会員向けに愛知県青年会館にて開催されました。このブランディグセミナーは全3回のシリーズです。残すところ、あと2回。ブランドについて、他では聞けない、コアなお話が満載でした。

前回のセミナーで、一番印象に残っている言葉は、『ブランド=消費者様との約束の証』です。数多にある世の中の企業から選んでいただいている理由が『ブランド』なのです。
それでは、今回も、前回同様、質問から。
『デザイン』とは?
今回のセミナーで、参加者に質問された、この問いの安藤先生の答えは、『武器』でした。

私は、『他との違い』と思っていましたが、安藤先生は、ズバリ、その真意を突いていました。
その武器を、皆様、十分に使いこなせていますでしょうか。意匠性を持たせるのか、機能性を持たせるのかは、その求めるデザインで変わりますが、その武器を研ぎ澄ませるだけでは、宝刀の持ち腐れです。いかに、情報発信して、その武器をこの世に知らしめるか、が、次のステップのなる販売促進です。

セミナーの後半では、『どこで、どのように』という販売促進の手法をお話しされていましたが、安藤先生は、常に、基本を振り返っていました。
それは、『誰に何を』です。その人は何を欲しているのか、その人とは一体、誰なのか。

今ある商品に対しても、いま一度、『誰に何を』を問いかけ、その骨をも一刀両断する武器に仕上げてみます。
ラストとなる、第3回目のブランディグセミナーは、7月13日(木)です。

第二回 ブランディングセミナー 感想文

02

 

↓↓↓Facebookページへのいいねをよろしくお願いします!