平成29626日(日)に「第24回わんぱく相撲 愛知ブロック大会」が開催されました。

24回わんぱく相撲愛知ブロック大会は、第33回わんぱく相撲全国大会の予選として位置づけられる大会で、2017年は蒲郡市にあります蒲郡市民体育センター武道場及び相撲場にて開催されました。本年は愛知県10地区で予選大会が開催され、それぞれの地区大会を勝ち上がった小学4年生から6年生のわんぱく力士たちが、熱い勝負を繰り広げました。

わ1 わ2 わ3

開会式が始まり、開会宣言、挨拶、そして わんぱく力士の選手宣誓。力強い選手宣誓は、わんぱく力士たちの大会に臨む意気込みを感じることができました。最後に錣山親方(元寺尾)からも激励をいただきました。

いよいよ4年生から取組開始です!

愛知ブロック大会では、各学年総当たり戦で順位を争いました。

わ4 わ5 わ6

力強い取組が行われ、会場からは多くの声援が上がっておりました。

4年生が終わり、ふと会場外へ出てみるとお相撲さんの石碑が。

わ7

この石碑のモデルなっている方は愛知県宝飯郡蒲郡町(現・蒲郡市)出身の元大相撲力士、第51代横綱 玉の海でした。開会式の会長の話にもありましたが、この地から横綱がでており、相撲がこの地に根付いていると感じさせていただきました。

続いて、5年生の取り組みが始まりました。

気合十分、手に汗握る取り組みの数々がありました、会場の声援もより大きくなりました。

わ8 わ9 わ10

熱戦冷めやらぬ間に6年生の取り組みが始まりました。

わ11 わ12 わ13

大人顔負けのスピートとテクニックで取組が行われました。やはり、各大会を勝ち上がってきたわんぱく力士達は強者ぞろいだと感じます。

保護者の皆様や各青年会議所メンバーが、わんぱく力士達に声援を送り続けた取組も終わり、表彰式の準備の間に、外へ出てみるといい匂いが。

わ14

ちゃんこ鍋と共に、わんぱく力士達へのガマゴリうどんの準備がなされていました。ガマゴリうどんは濃厚なアサリのダシとワカメの潮の香りで旨味の効いたご当地うどん。おいしそうでした。会場では、表彰式が行われました。激戦を戦ったわんぱく力士たちの栄誉が称えられました。

わ15 わ16 わ17

本大会では、上位に入賞した各学年のわんぱく力士達に、730日に東京両国国技館で開催される、第33回わんぱく相撲全国大会への出場権が与えられます。

全国大会に出場するわんぱく力士頑張ってください。みんなで、愛知から出るわんぱく力士達を応援に行きましょう。

わ18

最後に頑張ったわんぱく力士達に錣山親方より暖かいお言葉をいただけました。そして、みんなで記念撮影。

外では蒲郡青年会議所メンバーたちによるちゃんこ鍋が振る舞われました。餅つき、ガマゴリうどんにわんぱく力士、声援を送った保護者の方たちもおいしそうに食べていらっしゃいました。蒲郡青年会議所の皆様ご設営ありがとうございました。

わ19 わ20 わ21 わ22

今年のわんぱく相撲愛知ブロック大会は、これにて閉会となりました。

各地域予選から続き、子ども達にとって両国国技館の土俵で相撲が取れるという目標を持つこと、努力する事、苦しさに耐える事、勝つことの喜び、負ける事の悔しさ、敗者への思いやりを学ぶ機会、心豊かに育つ鍛錬の機会 など様々ことを学ぶきっかけになったと思います。今年愛知ブロック大会に参加できなかったわんぱく力士も、来年こそは愛知ブロック大会、両国国技館を目指してぜひ参加してくださいね。

お疲れちゃんこ。