未来を切り開く人財の育成と経済再生による 地域の力漲る中国の実現

山陰新幹線早期開通に向けて10万人署名活動

  • HOME »
  • 山陰新幹線早期開通に向けて10万人署名活動

chirashi

署名用紙ダウンロード

趣意:公益社団法人日本青年会議所では、豊かな社会基盤を創出するためにインフラ整備をはじめとする国土強靭化に向けた活動をしており、中国地区協議会では、山陰新幹線の早期実現に向けた署名活動を8月末までに10万人を目標として行っております。山陰新幹線の全線開通により、中国地区内でのヒトとモノの流通がさらに活性化にもつながり、経済効果向上に必要不可欠であると考えております。また山陰新幹線と北陸新幹線とがつながることで、「日本海側国土軸」が形成され、大規模災害などが発生した場合の物流網機能の確保、また、大阪や福岡から短時間でアクセスでき地域経済の活性化により山陰地方のみならず中国の発展につながるインフラ整備が重要だと考えております。

以上の様に、中国地域が一丸となり効率的にリソースを活用するためにも、山陰新幹線の早期実現が必要不可欠であり、その先に青年会議所の目指す明るい豊かな社会の実現につながると考えております。

 

 

「山陰縦貫・超高速鉄道」の整備実現による直接便益とコスト

  • 主な試算結果
新幹線タイプによる整備 リニアタイプによる整備
利用者便益(A) 1,070億円 3,345億円
事業者便益(B) 331億円 4,446億円
 事業者収入増 540億円 7,254億円
 事業者運営費増 209億円 2,808億円
総便益(年間) A+B 1,401億円 7,792億円
総便益(累積) 33,789億円 187,900億円
建設費 30,910億円 133,537億円

 

  • 利用者便益の地域分布(年間便益)
新幹線タイプによる整備 リニアタイプによる整備
北海道 9.07億円( 0.8%) 18.15億円( 0.5%)
東 北 12.83億円( 1.2%) 50.15億円( 1.5%)
関 東 260.68億円(24.4%) 967.73億円(28.9%)
中 部 159.51億円(14.9%) 400.60億円(12.0%)
関 西 170.95億円(16.0%) 587.75億円(17.6%)
中 国 366.71億円(34.3%) 386.04億円(11.5%)
四 国 5.11億円( 0.5%) 4.25億円( 0.1%)
九 州 85.28億円( 8.0%) 930.76億円(27.8%)
合 計 1,070.14億円 3,345.43億円

*山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議 調査研究事業 調査結果の概要により

 

署名用紙ダウンロード

PAGETOP