富本 哲彰(広島JC)

 

選ばれる広島創造 委員会

委員長 富本 哲彰

広島県を含め地方経済が衰退する要因には少子高齢化、都市部への人口流出などによる生産年齢人口の減少があり、広島の生産年齢人口を増加させ経済を活性化させるために、まずは広島の魅力を発信し体感することで定住、労働意欲を高めることが必要です。そして、県外在住者をはじめ多方面の人に広島の魅力を体感して頂くには、広島への愛着を持 った私たちが県行政と連携し、様々な機会にその魅力を発信することが必要です。
盆地という地形で寒暖差を利用し生産する三次のピオーネや「最古の蔓牛」を起源とする庄原の比婆牛等の特産品など、知名度は高くなくとも、地域が持つ特色を活かした魅力が広島には多くあります。まずは、県外在住者をはじめ多方面の人が興味をもって広島に集い、また会員が郷土への愛着を深めるため、その魅力を改めて調査探究します。そして、各地の隠れた特産品をアンテナショップなどの販売店に続き広島ブロック大会でも出品した上で、投票による順位付けを行ってその需要度を探ります。さらに、県行政に集めた特産品の周知を働きかけ、各地の市民とも連携し地域ブランド化を図った上で「選ばれる広島」の創造を推進します。また、広島ブロック協議会の運動を発信し、会員相互の友情と連携を深めるため、三原青年会議所主管の第48回広島ブロック大会 in 三原や、東広島青年会議所主管の2018年度広島ブロック予選野球大会の円滑な運営に努めます。そして、友人や知人など多方面の人に発信して頂くため、ブース出展を通じ広島ブロック大会に集う全ての会員に広島の隠れた魅力を再発見して頂き、「選ばれる広島」の創造に繋げます。
広島に愛着を持ち、その発展のため尽力する私たちが、その想いを共有する地域の人たちと力を合わせ、その魅力を地域ブランド化し広く発信して「選ばれる広島」を創り上げることで愛と希望あふれる国 日本を創造します。

<事業計画>

1.地域の魅力を生かした「選ばれる広島」創造の推進
2.広島ブロック大会の運営
3.広島ブロック野球大会の設営
4.その他、広島ブロック協議会における目的達成のための事業の実施