2018年も無事に終わろうとしております。

新潟ブロック協議会では、本年度「変革」のスローガンを掲げ、「愛と希望に溢れ未来へと変革する新潟の実現」を基本理念に運動を展開してまいりました。

一年間、共に運動・活動していただいた関係諸団体の皆様、新潟ブロック協議会役員の皆様、そして、なにより22の各地会員会議所理事長をはじめとするメンバーの皆様、心より厚く感謝申し上げます。

 

本年度は人財育成、教育、経済、国際と4つの柱、4つの委員会を設け運動を進めてまいりました。

人財育成では、それぞれの地域が発展することで日本が良くなっていく、そして地域が発展していくためには我々一人ひとりが成長し、それぞれの営みを発展させていかなければなりません。そのため奇跡を起す人財の育成に取り組んでまいりました。

 

教育は国家百年の計といわれるように一朝一夕に結果がでるものもありません。その中で本年度は、祖先や親を敬う愛情あふれる「家」的道徳心を養う教育プログラムや憲法改選に伴う事業を開催してまいりました。

また、本年度は多くの天災に見舞われました。新潟ブロック協議会でも、災害大国日本であるが故の防災意識の向上、災害時における人的ネットワークの効果をさらに高めていく防災フォーラムを開催しました。

経済では新潟のインフラをもう一度考えるフォーラムや各地の要望をまとめたインフラの提言書を作成し、各関係諸団体に提出しました。さらに事業創造や政府の有益情報をいち早く新潟の同士の皆様に伝達するための企業プラットホームの構築や大都市で活躍する経験豊かな人財に地域で働く魅力を伝え地域の職場と結びつけていく人財マッチングにも取り組んでまいりました。

 

最後の国際ですが、新潟県のインバウンドを進めるホームページの作成、JCI Asia-Pacific Conference鹿児島大会ではアジアの同士に新潟の魅力を伝えることができました。そして、UN SDGsの認知向上や積極的に国際協力や国際問題に取り組む世界で活躍するリーダーの育成のため、カンボジアでの研修事業を行いました。

 

4人の委員長、4つの柱のもと生み出されたすべての運動が重なり合い、すべては未来へと変革する新潟の実現に向かって行われてきました。

 

改めて2018年度すべての運動を無事に終えることができたのは、関係諸団体をはじめ青年会議所運動にご支援・ご協力いただきました県民の皆様、そして新潟ブロック協議会内メンバーの皆様に心より厚く御礼申し上げます。

結びとなりますが、2018年度ご協力いただきましたすべての皆様のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げご挨拶にかえさせていただきます。

Be the change you want to see in the world「世界に変革を求めるなら、自分自身を変えることだ。」

1年間本当にありがとうございました。

 

公益社団法人日本青年会議所

北陸信越地区新潟ブロック協議会

2018年度 会長 中嶋 知一