「新たな挑戦」 ~ 和と結の心でつながる 幸せあふれる埼玉の創造 ~

ブロック大会運営委員会

ブロック大会運営委員会 委員長 斉藤 康祐

 埼玉県は交通インフラが整備され利便性も高く、充実した都市機能とともに多くの自然、悠久なる歴史や誇りある新旧の文化、彩り豊かな農産物や食文化にも恵まれた、魅力あふれる地域です。今後は7都県と隣接し、全方位と交流できるという内陸県の強みがある地理的優位性をいかして、各地に点在している多彩な魅力を更につなげてPRしていくことで埼玉の価値やブランド力を高め、持続可能な地域活性化を図っていく必要があります。
まずは、埼玉の価値やブランド力を高めるために、埼玉ブロック協議会最大の運動の発信の場である埼玉ブロック大会を開催し、30LOMが更なる当事者意識をもって取り組むことで学びや気づきがあふれ、埼玉のつながりや可能性を実感できる機会を創出します。そして、来場者に埼玉への理解を深めていただくために、多くの協力者を巻き込み、多彩な埼玉の魅力や可能性を強く発信することで埼玉愛を醸成します。さらに、地域の更なる発展に寄与するために、主管LOMとも連携を図って開催地の特長をいかしながら新たな可能性を引き出し、他の地域においても参考になるような観光資源となりうる新たな価値を創出します。また、埼玉ブロック大会の価値をさらに高めていくために、開催のあり方や手法を模索し、開催実績やLOMの規模に関わらずに今後主管したいと願うLOMを増やしていきます。そして、次なる運動への気概を高めるために、さよならブロック協議会を開催し、今年度の埼玉ブロック協議会の運動・活動の検証や各種褒賞、卒業式を執り行い、次年度以降への運動の成果の引き継ぎと、卒業生に感謝の意を表する機会とします。
我々は、お互いの意見や価値観を尊重して最大限に個性を引き出しながら調和し、自らが率先して行動して市民の模範となり、埼玉を愛し公の担い手として行動する市民「アクティブシチズン」を増やしていき、和と結の心でつながる幸せあふれる埼玉を創造します。

 

<事業計画>
1.第48回埼玉ブロック大会秩父大会の企画・運営・実施
2.第48回埼玉ブロック大会主管LOMとの連絡調整
3.第50回埼玉ブロック大会主管LOMの選定
4.次代の埼玉ブロック大会の方針研究と調査
5.さよならブロック協議会の企画・運営・実施

PAGETOP
Copyright © 2018年度 埼玉ブロック協議会 All Rights Reserved.