謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年も教育再生会議一同、一層尽力をしてまいりますので、どうか皆様方のご理解 温かいご支援 ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

【2018年教育再生会議の取り組み】

【背景】

今の日本は戦後から国柄にまつわる教育が薄れ、日本人としてのアイデンティティや道徳への意識が低下しています。また、経済成長期以降は成長前と比べ効率を重視する画一化社会へと変化したこともあり、学ぶ楽しさを感じ取れない成果重視の教育へと変化しました。私たちは、自国を誇れる国家観や国を愛する心を身に付け、国際的な競争社会を生き抜く力と、学ぶ意欲の高まる環境づくりに向けた教育再生が必要だと感じています。

【詳細】

1、2018年 京都会議 教育再生フォーラム

1月20日 京都国際会館 Room A 教育再生フォーラム

講師 文部科学大臣補佐官 鈴木 寛 氏

橿原神宮 宮司   久保田 昌孝 氏

【PR】

教育関係者の皆様方も来場も可能です。

全国にアクティブラーニングを広め、多くの政策を作ってこられた鈴木寛先生、建国の地でもある奈良県橿原神宮の宮司を務められる久保田昌孝宮司の鼎談にご期待下さい。

お子様がいらっしゃる世代の方は、これからの教育方針を考える機会となりますので是非ご来場ください。

 

2、愛国心のある日本人育成プログラム

「日本歴史ばなし」の推進

子供たちがわかりやすく建国・国柄・歴史を学ぶために、デジタル紙芝居(PPT資料)にしました。

教育プログラムに関しては1月21日以降こちらのページでダウンロードしてご利用いただけます。

【PR】

お子様への読み聞かせ教材としても使えますのでご利用ください。

 

3、情報を選り分ける教育プログラム

メディアリテラシー教育プログラムの推進

情報手段の発達により多くの情報が容易に手に入る現代、情報を鵜呑みにするのではなく、自分の意志で判断する能力が身につく教育プログラムです。

教育プログラムに関しては1月21日以降こちらのページでダウンロードしてご利用いただけます。

【PR】

情報化社会の加速により必要とされているメディアリテラシーです。ご家庭で是非ご活用ください。