2017年、義務教育課程にある生徒数は約990万人おり、その中で不登校児童生徒数は約13万人と年々増加傾向にあります。要因としては社会的な背景、いじめ、友人、家庭、親子関係、無気力、学習など様々あります。日本は学校教育が当たり前とされ、不登校と聞くと「良くない」という風潮が根強くあります。国が定める教育の目的は、人格の完成をめざし、平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値をたつとび、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な国民の育成とあることから、多様な学びに向けた社会変革が必要だと思います。

このような環境について、少しでも知識として蓄え理解を深めていただければと思います。/www.jaycee.or.jp/2018/org/kyouikusaisei/wp-content/uploads/2018/02/教育機会確保法について.zip