委員長所信

  • HOME »
  • 委員長所信

国家戦略グループ

教育再生会議

我が国は戦後から国柄にまつわる教育が薄れ、国への帰属意識や道徳への意識も変化し、学校教育においても経済成長期以降は成長前と比べ効率を重視する画一化社会が到来し、学ぶ楽しさを感じ取れない成果重視の教育へと変化しました。国家の明るい未来を見据え行動する我々は、自国を誇れる国家観や国を愛する心を身に付けた国民とともに、国際的な競争社会を生き抜く力と、誰もが学べる環境にある社会に向けた教育再生が必要です。
まずは、自主自立した国家として必要な教育制度を確立するために、教育の現状について学び、教育再生に向けた政策を発信することで、国民の意識を高めます。そして、国への帰属意識を高めるために、建国の歴史を通して国柄や日本人の精神性を学び、歴史に対しての認識を深めることで、国を愛する心を育みます。さらに、歴史を伝播できる国民を育成するために、建国から続く歴史と国柄からの精神性を通して歴史へ誇りを高め、アイデンティティを育むことで、日本の歴史に対する知識を深めます。また、報道に惑わされない主体的な国民輿論を確立するために、情報を判断するプログラムを実施し、広い視点で物事を捉える能力を身に付けることで、情報を客観視できる国民の判断力を高めます。さらに、不登校の子供たちに学ぶ機会を創出するために、大学連携による学力向上に向けた社会実験を行い、国民の声を集めた検証結果から制度改革につながる提言を行うことで、誰もが学べる環境を整備します。また、政策を広く推進するために、教育政策をパッケージ化し、事例を交えて発信することで、各種団体や企業と行政の連携体制を構築します。
学びに楽しさを見出し、悠久の歴史をもった自国を誇りに思う国家観と愛国心を身に付けた主体的な輿論をもった国民が、公に誠を尽くす我々とともに、主権者意識が備わり未来を切り開く力と国際社会で活躍できる創造力で、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

PAGETOP
Copyright © 2018教育再生会議 All Rights Reserved.