全国大会運営会議 議長 松田 晋

 長引く不況から将来に不安を感じ、都市部への人口流出が地方の活力を失わせつつある一方で、市民が自ら地域について当事者意識をもって考え、行動を起こすことが日本の未来を切り開く創造力を生み出します。全国各地で当事者意識をもって、課題解決に向き合い続ける我々が、市民とともに持続可能な地域の未来を想い描き、調和から生み出される奇跡を起こそうとする姿勢から、地域を活性化させ、地方創生を実現することが必要です。
 まずは、開催地域が持続的に活性化されるために、市民と地域に根付く万物に感謝する心を広げる大会を構築し、地域の魅力を発信することで、地域資源のブランド力の向上と交流人口の増加につなげます。そして、会員の運動意識を昂揚させるために、会員が一堂に会して、1年間の運動の検証と次代の継承を行う全国大会を開催し、会員の連帯感を高めます。さらに、市民が地域の魅力に気づくために、市民や関係諸団体と特色が感じられる大会構築を行うことで、潜在的な地域価値が見出だします。また、主管決定LOMと主管立候補LOMが全国大会を利用した地域の活性化を図るために、多面的な視点で客観的に検証する現地調査と対話集会を開催し、準備状況の促進や適正な評価につなげます。そして、運動の検証と次代への継承を効果的に行っていくために、大会の目的や意義を全国各地のJCメンバーに認識いただく場を設けることで、主管を目指すLOMの増加を促進します。さらに、全国大会の潜在的な可能性を引き出すために、次代の全国大会の研究と調査を行い、主管地域の成功事例を発信することで、各地の地域活性の挑戦につなげます。
 社会的課題に挑戦し続ける我々が、建国の神話の時代から宮崎に受け継がれてきた万物に感謝する心を再認識した市民とともに、感謝を以て誠を尽くし調和のとれた「個」の結集が生み出す有機的な結びつきを全国へ伝播させ、愛と希望溢れる国 日本を創造します。

<事業計画>
  1.第67回全国大会宮崎大会の企画・運営・実施
  2.第67回全国大会主管LOMとの連絡調整
  3.第68回・第69回大会主管LOMに関する調査・連絡・調整
  4.第70回以降の全国大会主管立候補地の調査・報告
  5.次代の全国大会の方針研究と調査