こんにちわ!

3月15日(木)19:00より、高松市のサンポート高松 シンボルタワー1階展示場にて、公益社団法人 高松青年会議所 3月例会事業 「ダイバーシティーへの挑戦 企業のONE UPに向けて」が開催されます。

近年、地元企業での人手不足の声がよく聞かれ、今後も社会の働き手である生産年齢人口が減少し、益々人手不足が深刻化することが確実視されています。

企業として、多様な人材を受け入れて活用することが重要になっています。

今回、NPO法人ファザーリング・ジャパン、内閣府子ども子育て会議などで活躍され、テレビにもよくご出演の、株式会社 ファミーリエ 代表取締役社長 徳倉 康之様を講師としてお迎えし、企業の将来の在り方について講演して頂きます!

ダイバーシティー(diversity)とは、

1 多様性。相違点。
2 企業で、人種・国籍・性・年齢を問わずに人材を活用すること。こうすることで、ビジネス環境の変化に柔軟、迅速に対応できると考えられている。
(デジタル大辞泉より)

であり、近年企業での人材の活用の点で、重要となっている考え方です。

徳倉様は、ご自身でもダイバーシティ・マネジメントを実践されており、実践から学んだ知識や経験も、お話をして下さいます。

香川ブロック協議会では、昨年の10月、「リーダーとして男女共同参画社会を生き抜くチームづくり」という事業を開催し、その際にも徳倉様にご講演を頂きました!
s-IMG_8233

ご講演ののち、グループディスカッション、そして最後に来場された皆様で、「イクボス宣言」を行いました。

s-IMG_8189

s-IMG_8272_IMG_7142-1024x576

香川県内の青年会議所では、こうした多様な働き方、多様な人材の活用方法について、メンバーや地域の皆様に学んで頂く機会を作っています。

3月の高松青年会議所例会、ぜひお越しください!

一般の方の参加も可能です。
入場無料、申込書にご記入のうえ、FAXまたは高松青年会議所ホームページよりお申込み下さい。

参加申込書(裏面)

高松青年会議所ホームページ