S_8110232473637

こんにちは!

6月13日(水)19:30より、公益社団法人高松青年会議所 事務局にて、香川ブロック協議会 第6回 役員会が開催されました!

会議の冒頭、西村 周子 香川ブロック協議会 会長より挨拶があり、

S_8110232317578

現在、県内の青年会議所では、各地で様々な運動を展開しており、香川ブロック協議会のUN SDGs推進事業では、6月9日(土)にUN SDGsの西讃ブロック合同セミナーが開催され、4月の東讃ブロックセミナーよりも、運営、設営、プレゼンテーションともに円滑に対応できており、メンバー個々の成長の機会になったことをお話されました。しかし、これで終わることなく、メンバー、企業、地域の人々に対し、UN SDGsを知って頂き、世界の持続可能な開発目標の達成のために、我々が活動していくことが重要であると話されました。

西村会長2

また、6月2日(土)には、高知ブロック大会に参加された際のことを紹介され、式典において、各地の青年会議所や、ブロック協議会の委員会の活動報告が行われており、地域が変われば式典の設えも異なっていることに気付く機会となったことを話されました。
また、高知ブロック大会の記念事業「Local to world 土佐清水から世界を変える!」では、正しい数値的根拠を用いて、高知の地域課題を説明する、非常に良いプレゼンテーションが行われたことを紹介され、これらの学びを、7月1日(日)の香川ブロック大会の成功につなげていきたいと話されました。

今回の役員会より、地域再興委員会の討議事項、協議事項が多く上程され、活動が本格化してきたことを挙げ、残り半年、地域再興委員会が年初に立てた事業計画が達成されるよう、頑張って頂きたいと話されました。

今回の「渋沢栄一の100の訓言(No.18)」は、

「いちいち上の指示を待っていると、チャンスを逃してしまう」

実際のビジネスにおいては、軍人がいちいち上官の命令を待つように指示を待っていては、チャンスを逃してしまう。誰かが教えてくれないと、何も判断できない。そんな人間ばかりになってしまっては、今後の日本の発展など期待できません。知識ばかりでなく、行動力も必要なのです。

でした。

香川ブロック協議会が担う事業、委員長として、副会長としての責任、役を全うするためには、待つだけでなく、自分から考え、行動していくことを心に留めて頂きたい。挑戦することを恐れず、自ら行動すること、「お節介な気持ちがまちを良くする」と言う人がいるが、これは少しの気の回し様によって、まちが良くなることであり、ちょっとお節介になりながら、委員会、地域の発展につなげていってほしいと話されました。

続いて、丹生 兼嗣 直前会長より挨拶があり、

DSC_0520

本日、広島県の福山にて第66代JCI(国際青年会議所)会頭、原田 憲太郎 先輩とお会いし、2013年、国際アカデミー in 福山を誘致することで、地域で何が変わったのか、伺ってきたことを話されました。国際アカデミーを開催するにあたり、約5年にわたり福山青年会議所のメンバーが出向することで、年々の出向経験者が積み重なり、これによって国際感覚を身につけたメンバーによって国際アカデミー開催に前向きになるとともに、開催後は、メンバーが国際的なところにコミットして、国際的に開けた地域へ変化したことをお話頂いたとのことでした。

ブロック協議会も同じで、出向し、そこで多くの人たちと出会い、経験することで、各々の委員会メンバーの考え方が変化していき、新たな地域の運動につながっていきます。
今後、委員長、副会長の皆さんは、委員会メンバー1人1人と向き合い、多くの経験や出会いの場を作ってほしい。ただ単に与えられた事業をやるのではなく、香川にJC運動を根付かせることが大事であり、JCを良くすることは、、地域を良くすることに繋がる。そうした意識を持った委員会メンバーを増やしてほしいと話されました。

その後、会議に移り、今日は協議事項2件、討議事項1件が話し合われ、多くの意見、質問があり、役員の皆さんで、事業計画に向き合う場となりました。
DSC_0523

DSC_0524

その後の報告依頼事項では、人財育成員会の皆様が作成した、「拡大支援ツール」の完成版動画の上映が行われました!

You Tube にて、配信がスタートしました!

以下のQRコードから、読み取ることができます!

S_8110238715462

青年会議所について、よく知って頂ける動画となっています。

ぜひご覧ください!

また、林田 晃尚 事務局長より、5月31日に開催された、香川ブロック 野球大会の報告も行われました!

最後に、三谷 公二郎 監査担当役員からの講評があり、

DSC_0527

「やって当たり前」のことをしっかり行うこと、

そして、昨年日本青年会議所 青木会頭が話されていた、

「自分の力を出し切ったとき、自分の無力さを知るだろう。そのとき、本当に人のありがたさを知るだろう。」

という言葉を紹介され、現在事業継続中で大変なこともあるでしょうが、後悔しないよう、協力して下さる人の力を取り入れていってほしいと話されました。

会議終了後には、懇親会が開催され、メンバーで楽しく交流する場となりました!

DSC_0529

DSC_0543

DSC_0544

出席された皆様、また、設営下さった皆様、ありがとうございました!