平素は徳島ブロック協議会のホームページをご覧いただきありがとうございます。
事務局長の山形です。
先月、22日(月)の事ですが徳島市のセンチュリープラザホテルにて徳島ブロック協議会の役員会が行われました。
今回は前回の会員会議所で取り上げになった審議案件からスタートでしたので出だしから真剣に白熱した役員会となりました。
 1
(左から 増田委員長、佐川副会長、河野委員長、宮本顧問、真鍋直前会長、冨士原会長、中條財政局次長)
 2
(左から 坂本監査担当役員、松野委員長、三倉副会長、岩佐委員長、久保財政局長)
こうやって役員会は毎月、行われて役員陣で真剣に議論した上で理事長様、専務様をお迎えする会員会議所に挑んでいるわけです。
そして今回の役員会ですが終了後に運営側で慰労会を設営させていただきました。
9月の末に開催予定だったブロックの事業である
・遍路道 トレイルランニング プレ大会 ~空海の歩んだ道 へんろころがしを走破せよ~
ですが台風接近のため止む無く中止となりましたが、この事業は徳島ブロック協議会地方創生委員会が行う予定であり岩佐委員長が真剣に構築した渾身の事業でもございましたが自然の天候には勝てず幻の事業となってしまいました。
 3
↑ 岩佐委員長 ↑
なんで室内でサングラスなんだという岩佐委員長にツッコミたい気持ちは心の奥に鍵をかけて大切に閉まっていただいて何故、今回の慰労会を運営側で企画したかと言いますと岩佐委員長はLOMでもブロックでも初の委員長という事で担当の三倉副会長と本当に頑張って事業構築を行ってまいりました。
そして地方創生委員会がブロック単位でやる事業はトレイルランニング事業が最初で最後だったんです・・・
我々、役員としても当初のテンプルステイから大幅に議案を変更して上程してきた岩佐委員長の頑張りと導き成長させてきた三倉副会長の姿を見てきただけに絶対にしたかったトレイルラン事業でした。
 
通常ならJCで初委員長として行った事業の後は懇親会等で多くの仲間で頑張った委員長を労ってあげるのもJCという団体の良さなのではと思います。
しかし事業の中止により、そういった場が無くなってしまいました・・・
今年度の徳島ブロックでは初、委員長だった組織大会運営員会の松野委員長にはブロック大会後、組織支援委員会の増田委員長にはJCサッカー大会後にそういった場がございました。
だからこそ頑張った岩佐委員長の労いの場を設けたいとの運営側の思いからの慰労会です。
役員会終了後という遅い時間からスタートの慰労会にも関わらず岩佐委員長を取り囲んでの楽しい慰労会となりました。
JCという団体は単年度制で動いております。
だから我々、役員がこうして集まれるのも今年限りであり岩佐委員長の事業はJC生活の中で一生に一度しか経験できない事業でしたが幻に終わってしまいました。
しかし1年前の予定者段階ではぎこちなかった役員会ですが同じ目的を持ちながらJC活動を共有してきた中で作り上げてきた友情を改めて確認できました。
2018年度 徳島ブロック協議会 冨士原丸
最終最後まで走り抜けるため親睦を深めた地方創生委員会岩佐委員長の慰労会でございました!