2018年4月3日(火)、相馬市相馬商工会議所にて

第3回会員会議所会議を開催いたしました。

DSC_0012

県内19青年会議所の理事長の参加率は100%でした。

 

DSC_0021
赤津慎太郎会長からの挨拶の中で、

 

・メンバーそれぞれの生業を進化・深化

・それを地域へと貢献させていくこと

・自身の仕事のやり方、JCの一員としての身の振り方等に対し高い意識を持ち行動していくこと

 

と、参加したメンバーの身が引き締まるお話がありました。

 

DSC_0007

 

開催地LOMである一般社団法人相馬青年会議所草野 貴之理事長からは

相馬の現状についてお話いただきました。

DSC_0036
震災で甚大な被害を受けた相馬市の沿岸部では、

海岸エリアにパークゴルフ場が再整備され、

今年は尾浜海水浴場が震災以来初めての海開きの予定もあるとのことでした。

相馬福島道路が一部開通されることもあり観光人口の増加が見込まれている、といった

復興の兆しが感じられる良いお話でした。

 

DSC_0005
震災後特に福島県内のJCが中心となり、

音楽のちからを活用した子ども達の心の復興支援「未来へつなぐプロジェクト」事業や

2018年7月7日(土)8日(日)に会津若松市で開催が予定されている

「第48回福島ブロック大会 in 会津」に関する事業等々について

活発な議論が交わされました。

 

29695357_1914353878638030_2493340598850005392_n

 

東北地区協議会出向役員情野 裕仁広域連携推進委員会委員長からは
2018年9月1日(土)2日(日)に開催予定の

東北地青年フォーラム in 三沢への参加の呼びかけがありました。

 

DSC_0026

今年の東北青年フォーラムの会場となる青森県三沢市は自衛隊駐屯地と米軍基地が共存し、

様々な人種と文化の融合から国際交流都市として発展を遂げた地です。

「三沢の地方創生と、我々JCの成長を目の当たりにできる場だと思いますのでぜひご参加ください。」

といったお話がありました。

 

DSC_0037