1月27日 第1回会員会議所会議が花巻温泉ホテル千秋閣にて行われました。
各地会員会議所理事長の皆様を初め、多くのオブザーバーの皆様にお集まりいただきました。

2018年度阿部由起男会長からは恒例の「元気ですかー!」の掛け声から元気良く会議がスタートいたしました。
阿部会長が言う「元気」とは、地域が元気であってほしい・メンバーが元気にこの青年会議所を通じて成長してほしいという気持ちがこもっています。

木村直前会長の挨拶では、このスタートからゴールを見据えて進んでほしい。1分1秒を大事にして後悔を出来るだけしないように努力していただきたいとのお話がありました。

新年度第1回目の会議ということで各委員長陣は緊張を隠しきれない様子でしたが、理事長様方から活発な意見をたくさん頂戴し、実り多き会議となりました。

そして、公益社団法人日本青年会議所2018年度 副会長 兼 JCI APDC議長の鎌田長明君が訪問されました。
 『未来のために今何ができるか』等、講話をいただきました。
  ➀地方創生  
  ・未来のために今我慢する必要性:社会保障費の圧縮、少子化対策
  ・破綻を防ぐには:高い円の維持、地方財政の健全化、中央から地方への人財移動
  ・青年世代の発言力強化:次世代の教育推進、投票率向上、継承の推進、所有と経営の分離
  ➁事業創造
  ・事業の創造:未来を予測した投資、技術革新、人財の育成、ブランディング
  ・生産性の向上:新技術の導入、3ム(無駄・無理・ムラ)の排除、人財の再配置
  ・選択と集中:第三次産業の人員減、インフラの選択と集中、企業の統合、知的財産の活用
  ・海外の需要を取り込む:輸出・インバウンドの推進、内なる国際化、Local to Local

危機感を共有し、目をそらさず、岩手ブロック協議会役員一同2018年度は『超変革』を起こすべく邁進して参ります!
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

IMG_5289

IMG_5295

IMG_5329

IMG_5350