4月27日(金)、ホテルメトロポリタン山形にて公益社団法人日本青年会議所東北地区山形ブロック協議会 2018年度会頭公式訪問を開催いたしました。

池田祥護会頭は「和」の精神性が導く愛と希望溢れる国 日本の創造という基本理念の元、方針を定め、様々な事業を展開している青年会議所活動について、ご自身の経験も踏まえながらお話されました。

子供の頃から意思決定をし続けて来たという会頭は、今やっていることが出来なければ辞める。そして何を得るか考えて行動する。このことを念頭に置いて、30歳の時に新潟青年会議所に入会されました。

地域のために何かいいことをやっているのだろうという気持ちで青年会議所活動を始めた当初は、「なんだよ」と思うこともありながら、活動することもあったそうです。

日本青年会議所の使命は、集合する情報を全国に提供し、成長の機会を与えること。

思いやりがあったり、一人一人の理解がある、あの仲間たちと一緒に活動したい。

必然的に入りたいと思われる、選ばれる組織になろう、どうやったらできるかを考え抜き、そして行動に移そう。と仰られました。

IMG_0081

山形ブロック協議会 2018年度会頭公式訪問 公益社団法人日本青年会議所 池田祥護会頭講演

講演の後、交流会が開催されました。

IMG_0089

池田会頭、恩田ブロック会長、県内各会員会議所理事長集合写真

IMG_0113

第67回全国大会宮崎大会のお知らせ!

IMG_0104

ASPAC鹿児島大会にぜひご参加ください。

IMG_0116

公益社団法人山形青年会議所 近藤秀雄理事長挨拶

皆さまお忙しい中、会員会議所会議に引き続き、ご参加いただきましてありがとうございました。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。