今年度、山形ブロック協議会内で地方創生を担当させていただいておりますやまがた創生委員会では、山形県で女性がもっと活躍できる、そんな環境を整えるため、7月7日(土)に米沢市で開催された第51回山形ブロック大会米沢大会のメインフォーラムとして、「女性活躍パワーセッション なせば成る!より良い社会!」を開催させていただきました。
女性の活躍という視点から、いま私たちが置かれている現状、めざすべき理想像、そしてそこへといたる道筋を、それぞれ立場のちがう3名のパネリスト(厚生労働大臣政務官 大沼みずほさん、日本チャイルドボディケア協会 代表 蛯原英里さん、株式会社寒河江測量設計事務所 副社長 安孫子文剛さん)から議論していただきました。
また今回は出演者のお話を聞くだけでなく、女性の皆様のために様々な悩みを聞いてくれる窓口の紹介、また山形県のすすめる働きやすい、子育てしやすい職場づくりなどの情報も提供させていただきました。
会場では親子観覧室、授乳室、おむつ替え室も用意し、小さいお子様連れの方も安心してご覧いただけるような運営をさせていただきました。
女性が生きていくうえで、どんなにライフスタイルが変わっても、周りの環境がそれを受け止められる、そんな社会の在り方について模索できたと感じております。
ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

denshikoukoku-fax-001