誰一人取り残さない持続可能なまち富山の実現

会長所信

  • HOME »
  • 会長所信

「基本理念」

誰一人取り残さない
持続可能なまち富山の実現

「ブロック協議会としての役割」
富山ブロック協議会として日本の社会・経済を捉え、県内における課題に当事者意識をもって向き合わなければなりません。人口減少と少子超高齢化社会に歯止めがきかない状況下において、様々な問題が今後増え続けていくことが予想される今、我々が圧倒的な危機感をもって率先して行動していくことが求められています。また県内各LOMの意見を総合調整し、かつ、地域における目標達成のために運動、活動を展開していかなければいけません。富山が一つとなり地域に変革をもたらすためにも、県内各LOMの同志と共に富山の発展に向け、強固な結束力が必要であります。
まずは、地域社会、地域経済の発展のためにSDGsを推進し、持続可能な社会を創造します。そして、ひとりでも多くの人が、生きがいや、日々の生活の中での満足や充実を実感できる社会を目指し、信頼できる社会保障制度に向け意識を醸成します。さらに、男女平等な社会を目指し多子社会を実現するために、女性のあらゆるレベルでのエンパワーメントを促進します。また、明るい豊かな社会に向け次代の担い手となる人材を創出するために、会員拡大を支援します。そして、地域のリーダーとなる人材を育成するために、JCの価値を高め、地域で活躍する傑出した人材を創出します。
2019年度は第68回全国大会富山大会の開催により県内の機運は高まり、今まで以上に富山の結束力は強固なものとなり、富山の魅力を発信できる機会となります。富山に脈々と受け継がれている1県1青年会議所の設立精神の基、誰一人取り残さない全県レベルの発展を求め、持続可能なまち富山を実現していきます。

「1年後の姿」
発展成長の機会を提供することはJCの最大の魅力であります。その機会とはまさに新たなことに挑戦することから生まれるのであります。そして挑戦とは決して平坦な道ではなく、茨の道を歩むことであり、その道は成長への道であり、未来への希望の道であります。だからこそ修練や試練があろうとも未来を見据えればワクワクしてくるのです。どのような逆境であろうとも前を見て地域に変革をもたらすべく人材こそがJAYCEEなのです。
共に歩む同志を信じ、社会を先導する傑出した人材へと成長してまいります。

「事業計画」
① 本会の事業・運動の推進
② 地域社会で SDGsを達成していくための事業の実施【ブロ連】
③ 持続可能な社会を創造するための事業の実施
④ 日本JCと連携した会員拡大支援【ブロ連】
⑤ 地域に即した社会保障制度と地域のあり方を考える事業の実施【ブロ連】
⑥ 多子社会の実現へ向けた議論を推進する事業の実施【ブロ連】
⑦ ブロックアカデミー事業と連携したカリキュラムの実施【ブロ連】
⑧ 第 68 回全国大会富山大会への支援・協力
⑨ JC の魅力を波及させる情報発信
⑩ 災害支援ネットワークの強化

 

 

PAGETOP