皆様こんにちは。一般社団法人愛知中央青年会議所2019年度専務理事の三田英勝と申します。

愛知中央青年会議所は、みよし市、日進市、長久手市、東郷町と3市1町から形成されております。その中でも今回は、みよし市にスポットをあてて、みよし市の紹介とこの夏におすすめのイベントの紹介をさせていただきます。

みよし市みよし市は愛知県のほぼ中央に位置しておりまして、人口は約62,000人。日進市、愛知郡東郷町、豊田市、刈谷市と隣接しております。東名高速道路の東名三好インターもございまして、名古屋市や岡崎市方面のアクセスに便利な立地にあります。

02

2010年の市政施行に伴い、西加茂郡三好町から愛知県みよし市へと名前を変更しております。東洋経済「住みやすさランキング2016」では、愛知中央青年会議所活動エリアの長久手市に次いで、2位にもランキングされまして、全国的にも住みやすい町として認知されております。又、平成元年から平成15年まで「アートのある暮らし」をコンセプトに毎年「アートタウン三好彫刻フェスタ」が開催され、2001年度にはその取り組みが高く評価され、グッドデザイン賞を受賞。現在市内にはさまざまな素材で作られた完成度の高い70作品が設置され、みよしの街を彩っています。

この夏のオススメのイベントの紹介もさせていただきます。大提灯みよし市では「みよしの三大夏まつり」として、三好池まつり・三好いいじゃんまつり・三好大提灯まつりが開催されます。中でも三好大提灯まつりに掲げられる大提灯は2017年に世界最大の吊り下げ提灯として、ギネス世界記録に認定されております。本祭りでは朝から手奉納や地元の子供たちによる、「おはやし」などが見られる他、約120ほどの露店で盛り上がっています。フィナーレでは花火も打ち上げられ大提灯とのコラボレーションは一見の価値ありでございます。8月下旬の二日間にわたり開催されますので、ご興味のある方は是非みよし市までお越しください。ありがとうございました。