所属青年会議所名

一般社団法人 逗子葉山青年会議所

氏名

矢部 佐理(やべ さり)君

入会年度

2020年度11月入会

画像2

1.青年会議所に入会されたきっかけは

私の父が青年会議所に26歳から14年間所属しており、その父にきっかけをもらいました。(父からは、青年会議所に入ったことで、事業・会議の進め方、資料の作り方、人脈など、会社を運営するために必要な力をつけられたと勧められました)。

2.所属している青年会議所で学んだこと

事業を行う際の手法を学びました。青年会議所では一つの事業を行うのにも、背景・目的を明確にし、会議で意見を取り入れて、より目的に沿ったものにしてから実行しています。(これは自分たちに出来る事で、最大の効果を上げるための手法の一つだと思います。)

3.やりがいと感じたこと

自分が貢献出来ていると感じる時です。贈り物の準備、資料の作成や印刷、大きなことでなくとも何かしら協力出来ていることにやりがいを感じます。

4.入会して変わったこと

普段から目的を強く意識するようになったことで、考えが整理され、行動の選択がしやすくなりました。

5.JCで学んだことがお仕事にどのように生かせてますか

たくさんの業種の方と知り合えるので、その業種の今の状況を実体験で聞けたり、法律的なことから、仕事に関することまでアドバイスを頂ける。いろいろな考え方を知って決めることが出来るようになった。

6.今後の目標

まずは自分が事業を企画して、完遂することです。

7.メッセージ

全員が有志で参加しているので、上下関係というよりは、対等な友人関係を築きやすいと感じてます。また社団法人なので、事業に参加すれば組織運営について学ぶことが出来るかもしれません。講師を呼んで開かれるセミナーでは新しい知見を得られるかもしれません。ご検討いただいている皆様には何のために、何を求めるのかを意識していただければ、得られる環境があるかもしれません。まずは気軽にご連絡いただき、青年会議所を知っていただけると嬉しいです。ありがとうございました。