申請内容

一覧に戻る
事業名称 ヒロシマ ハート ワン ピース フェスティバル
申請部門 地域開発部門
申請LOM 一般社団法人 広島青年会議所
理事長名 佐々木 健一 (ささき けんいち)
申請担当者 test
携帯番号 test メールアドレス info@hiroshima-jc.jp
事務局TEL test 事務局FAX test
事務局住所 test

事業詳細情報

本事業の参加者 会員数 18名 関係者数 2486名 一般参加数 1136671名
事業実施に至った背景 (一般参加者:1,136,671名)
現代の日本は、戦争こそ無いものの、自殺・いじめ・ひきこもりなど、社会不安が世を覆っています。皆が自立し助け合う、真に平和な社会にするためには、次代を担う青少年が、平和のために行動していく意識を高めていかなければなりません。平和のために行動していく人とは、それぞれが日常で感じる平和の障害となる問題に出会った際に、自分に出来る範囲で、問題解決に向けて率先して行動する人だと考えます。そのような平和のための第一歩を歩み出す青少年が溢れている「まち」こそ、我々が求める国際平和文化都市広島であると考えました。その実現のためには、市民・企業・行政の結びつきが必要です。そのような中、2013年は広島県が主催する「ピース・アーチ・ひろしま」が開催され、文化芸術を通じた平和発信が大きく注目される年となります。この機会を活かし、市民の関心を高め青少年育成の運動へと展開させていく必要があると考えました。
事業の目的 (1)多様な芸術を通じて平和のメッセージを発信することにより、参加者及びより多くの市民、来訪者に平和のために行動することの大切さを感じていただくこと。
(2)市民・企業・行政との連携を通じ、「まち」全体に平和のための行動をする青少年を育成する気運を高め、国際平和文化都市広島の発展に寄与すること。
事業の概要 【平和のでっかい絵】
(1)委員会メンバーによる平和学習会を実施
(2)でっかい絵の制作及び商店街への展示
子ども達が「平和のための行動」をテーマに縦4.5m×横5mの「でっかい絵」を制作し商店街へ2週間展示。
(3)協賛金の募集
事業に賛同する企業・団体を募集して協賛金を頂き、子ども達の想いを支えて頂く。
【ピースメッセージ】
各界著名人28名より頂いたメッセージを商店街、ピーストレインへ展示【ピース・アーチ・ひろしま内】
(1)トリックアートでの発信
(2)ピースフラッグの制作、披露
(3)スピーチでの発信(参加小学生)
(4)演目での発信
ダンス、書道、伝統音楽、プロアーティスト、ドラムサークル、合同演
奏・合唱(参加者、市民、来訪者)
(5)絵での発信
(6)ヒロシマピースアーティスト認定証の授与
【市内広域】
ピーストレインでの展示
路面電車の車内全面に、印刷したでっかい絵及びピースメッセージを展
示。
開催期間・
タイムスケジュール
( 2013年5月18日~2013年8月23日)【みて!みて!!平和のでっかい絵の展開】 (1)制作説明会 2013年 5月18日(土) (2)平和学習会 2013年 5月20日(月)~ 6月28日(金) 【ピース・アーチ・ひろしま内の展開】(1)ブース 2013年 7月27日(土)10時00分~17時00分 2013年 7月28日(日)10時00分~17時00分 (2)ステージ 2013年 7月28日(日)13時00分~19時00分 (3)キッズピースパーク 2013年 7月27日(土)~ 8月 3日(土) 【本通・金座街商店街での展開】 本通・金座街商店街 2013年 8月 5日(月)~ 8月19日(月)【市内広域での展開】ピーストレイン 2013年 7月24日(水)~ 8月23日(金)
開催場所 ピース・アーチ・ひろしま内(ブース、ステージ、キッズピースパーク)、広島本通商店街全アーケード、広島金座街商店街全アーケード、広島市内小学校28校内、広島電鉄路面電車車内(広電広島駅~江波電停区間)
事業区分 新規
公益・共益区分 公益事業
事業総予算・収支 test
協力団体
共催 ひろしま平和発信コンサート実行委員会
協賛 (株)シティガス広島、広電プラザ他28社
後援 広島県、広島市教育委員会、NHK広島放送局他13団体
その他 test
事業対象者 test
行動(ACTION TAKEN) test
結果(RESULT) test
地域社会への影響 test
LOMへの影響 test
事業の長期的な影響 test
考察や推奨 test
その他 test
JCI申請の意思確認 検討している
添付PDF資料
参考動画URL
  • test
  • test
  • test
一覧に戻る

PAGE TOP