申請内容

一覧に戻る
事業名称 第26回わんぱく相撲全国大会 「自分との約束!」 ~打ち克つ勇気と思いやり~
申請部門 教育・青少年関係推進部門
申請LOM 社団法人東京青年会議所
理事長名 奥山 卓 (おくやま たかし)
申請担当者  
携帯番号   メールアドレス office@tokyo-jc.or.jp
事務局TEL 03-5276-6161 事務局FAX 03-5276-6160
事務局住所 東京都千代田区平河町2-14-3

事業詳細情報

本事業の参加者 会員数 366名 関係者数 841名 一般参加数 9886名
事業実施に至った背景 当事業は70年代に、遊び場の少ない東京の子ども達の心身の鍛錬と健康の増進を目的としたスポーツの機会をより多く与える為に、相撲を用い23区全域に運動展開した事に始まる。しかし、子ども達の環境は、核家族化の増加、両親の共働きの増加により、勉強や遊び方・人との接し方も時代とともに変化している。子ども達もゲームを通じての遊びが中心となり、人と人との直接的なコミュニケーションが社会から少なくなっている。社会で生きる為に必要な人間関係を学ぶ世代間の交流の機会が激減し、それにより人に対しての思いやりや、感性が醸成されにくくなり、社会には無関心が蔓延り、犯罪の低年齢化、偏った個人主義、いじめ問題、そして児童虐待が年間4万人を超え、人としての在り方等も問題化している。もやしっ子の身体を鍛える場だけでなく道徳心や公共心、相手を思いやる心、礼の精神を育成する必要性は高まっている。
事業の目的 最後まで諦めない勇気と相手を思いやる気持ちの両方を持つことを約束してもらい、子ども達の心を健全に育成し、地域コミュニティーの再構築を目的とする。
わんぱく相撲は「相撲」を通じ、「心・技・体」における、心を健全に育成していくことを理念とし、子ども達の心身の鍛練、健康の増進を図る事を目標とし、勝敗の結果に拘ることなく、勝者を讃え、敗者を思いやり、規律を守り、物事に正面から真剣に取り組むことの大切さを学び、その結果もたらされる友情を育む場である。その事を保護者や地域の責任ある大人にも充分な理解を頂き、子ども達には、自分自身に逃げない約束をしてもらう。また、各地区大会運営を通じて地域の大人が地域の子どもを育てる必要性を再認識して頂き、希薄化された地域コミュニティーの再構築にも繋げる事を目的とする。
事業の概要 財団法人日本相撲協会との共催
開催期間・
タイムスケジュール
2010年7月30日~2010年8月1日
開催場所 両国国技館 東京都墨田区横綱1-3-28
事業区分 継続
公益・共益区分 公益事業
事業総予算・収支 収入計:¥2,000,000-
支出計:¥2,000,000-
LOM公益目的事業比率(任意):
協力団体
共催 日本相撲協会 85名
協賛 全国農業協同組合連合会、株式会社日能研、株式会社損害保険ジャパン、株式会社紀文食品、ライオン株式会社、坂善商事株式会社、社団法人日本建設業連合会、株式会社やおきん、ブロードマインド株式会社、株式会社モスフードサービス、アサヒビール株式会社、有限会社佐々木食品、日本ペプシコーラ株式会社、株式会社大永商事、ウィダー in ゼリー(森永製菓株式会社)、有限会社TMC 計17名
後援 公益社団法人日本青年会議所、文部科学省、社団法人日本相撲連盟、日本放送協会、読売新聞社、日本商工会議所、社団法人日本PTA全国協議会、東京都、警察庁 計138名
その他 高校生ボランティア 185名 クラブわんぱく 43名
事業対象者 小学生 中学生 高校生 一般参加者
行動(ACTION TAKEN) 「相撲」を通じ、「心・技・体」における、心を健全に育成していくことを理念とし、子ども達の心身の鍛練、健康の増進を図る事を目標とし、勝敗の結果に拘ることなく、勝者を讃え、敗者を思いやり、規律を守り、物事に正面から真剣に取り組むことの大切さを学び、その結果もたらされる友情を育む場である。その事を保護者や地域の責任ある大人にも充分な理解を頂き、子ども達には自分自身に逃げない約束をしてもらう。また、各地区大会運営を通じて地域の大人が地域の子どもを育てる必要性を再認識して頂き、希薄化された地域コミュニティーの再構築にも繋げる事を目的とした。
結果(RESULT) 『自分との約束』~打ち克つ勇気と思いやり~をテーマに開催した。各LOMにも浸透して頂けた事で、参加選手の感想文からもテーマを深く理解し、実践した事が見受けられる。教育事業である本大会に際し、様々な企画・施策を用い、185名の高校生ボランティアに警備、ゴミの分別、インタビューなど積極的に活動して頂いた。企画や設営に深く関わり、明るく楽しく積極的に行動し、選手達にも良き先輩とし接して頂き、社会の一員として視野を広げる有意義な経験であったと思われる。スポーツ教室では、貴乃花親方が子ども達に自分に打ち克つ勇気、物事に真剣に取組む大切さをテーマに、貴乃花親方の相撲に懸ける想いや日常実践している心がけ等を子ども達に分かり易く講演して頂き、子ども達に学びを与える機会に出来た。保護者向けの講演会において、子どもに対する親の笑顔が子ども達の成長や情操教育において必要不可欠であることを伝える事が出来た。
地域社会への影響 わんぱく相撲全国大会を通して、各関係団体と今回の大会テーマである『自分との約束』~打ち克つ勇気と思いやり~を共有し、今大会のメインゲストである全国の子ども達に波及させる事が出来た。そして、高校生ボランティア185名に今大会をお手伝い頂き、人員不足の解消に大きくご協力を頂き、高校生ボランティアに対しても、教育事業である今大会を経験することにより、心の健全育成をすることが出来た。
LOMへの影響 一般的な競技会と違い、勝敗に拘ることなく「心・技・体」の重要性や「努力・礼儀・思いやり」といった社会生活に必要な徳性を学ぶ場を与えられるだけでなく、各地区大会・ブロック大会・全国大会へと夢を与え、励みとする事が出来る。また、青年会議所活動の理念である地域社会の形成という重要な役割を果たすと同時に「心豊かな青少年の育成」を強力に推進できることで、組織への貢献を大きく果たす事が出来る。
事業の長期的な影響 当事業は70年代に遊び場の少ない東京の子ども達の心身の鍛錬と健康の増進を目的としたスポーツの機会をより多く与える為に、相撲を用い23区全域に運動展開した事に始まる。しかし子ども達の環境は、核家族化や両親の共働きの増加により、勉強や遊び方・人との接し方も時代と共に変化している。子ども達もゲームを通じての遊びが中心となり、人と人との直接的なコミュニケーションが社会から少なくなっている。社会で生きる為に必要な人間関係を学ぶ世代間の交流の機会が激減し、人に対しての思いやりや感性が醸成され難くなり、無関心が蔓延り、犯罪の低年齢化、偏った個人主義、いじめ問題、児童虐待が年間4万人を超え、人としての在り方も問題化している。子どもの身体を鍛える場だけでなく道徳心や公共心、相手を思いやる心、礼の精神を育成する必要性は高まっている。また各種マスコミを通してわんぱく相撲の意義や理念は社会に広く浸透してきている。
一般的な競技会と違い、勝敗に拘ることなく「心・技・体」の重要性や「努力・礼儀・思いやり」といった社会生活に必要な徳性を学ぶ場を与えられるだけでなく、各地区大会・ブロック大会・全国大会へと夢を与え、励みとする事が出来る。また、青年会議所活動の理念である地域社会の形成という重要な役割を果たすと同時に「心豊かな青少年の育成」を強力に推進できることに東京JCが行う意義がある。
わんぱく相撲全国大会を通して、各関係団体と今回の大会テーマである『自分との約束』~打ち克つ勇気と思いやり~を共有し、今大会のメインゲストである全国の子ども達に波及させる事が出来た。そして、高校生ボランティア185名に今大会をお手伝い頂き、人員不足の解消に大きくご協力を頂き、高校生ボランティアに対しても、教育事業である今大会を経験することにより、心の健全育成をすることが出来た。
考察や推奨 教育事業であるからこそ、より一層の趣旨・意義を発信出来る大会運営をしていく。勝つことの喜び、負けることの悔しさを体感することで、勝者を称え敗者を思いやる気持ちを育む事は勿論の事、人や社会に対しての感謝・思いやり・礼節の重要性を出場選手だけでなく、保護者や運営側であるJCメンバー、共催団体、クラブわんぱくメンバー、高校生を含むボランティア団体全員に開催理念を周知させていく。大会テーマにその思い、理念を込めらることから、早い段階からテーマの再確認を開催LOMに伝え、浸透状況の検証もしていく事でわんぱく相撲の趣旨や理解がより昇華され、参加LOMの拡大にも繋がる。またクラブわんぱくメンバーなどの、ボランティアメンバーが深く大会運営に関わり我々の『思い』を共有してもらう事で、より、発信力の高い大会になる。さらには、わんぱく相撲をツールとして地域コミュニティーの再構築や地域教育力アップの一助となる事を全国各地会員会議所に伝播していく。
その他 わんぱく相撲は教育事業であり、わんぱく力士達がわんぱく横綱を目指すという事だけであってはならない。クラブわんぱくメンバーや高校生ボランティアを含め、運営に携わるスタッフ・関係団体・協力団体及び参加選手がわんぱく相撲を通して感性が育まれる事に意味がある。その経験をより良いものにするためにも、今大会の理念や趣旨を更に周知徹底していく必要がある。保護者や引率者は勿論のこと、主催団体・共催団体・関係団体へも、本大会の趣旨と理念を再認識して頂き、子ども達の手本となるような大人の背中を見せていかなければならない
JCI申請の意思確認 検討していない
添付PDF資料
参考動画URL
一覧に戻る

PAGE TOP