1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

1966年(昭和41年)11月、国際青年会議所の世界大会(JCI世界会議)が日本で2番目の地として京都で開催されました。
その翌年の1967年(昭和42年)1月20日~22日、社団法人日本青年会議所通常総会が京都にて開催されました。以来、『京都会議』と呼ばれるようになりました。

サマコン(サマーコンファレンス)とは、公益社団法人日本青年会議所の運動を広く発信するために、各界を代表する著名な有識者をお招きし、政治・経済・社会など様々なジャンルのフォーラム・セミナーを開催する場です。

2312271629
2312271626
2312271629

サマーコンファレンス2024

2024.06.14
2024.06.30
blank

「自然と人が集まるLOMのつくりかた、教えます」

サマーコンファレンス2024では、
日本JC 梶原顧問と会員拡大委員会 石川委員長による対談を行います。
テーマは「自然と人が集まるLOMのつくりかた、教えます」
多くのLOMが課題としている会員拡大ですが、どう拡大すべきか考える前に、
振り返るべきことがあります。
自身の所属するLOMが地域に必要とされているでしょうか。
地域により良い変化を起こせているでしょうか。
その運動を通じて社会により良い変化を起こすリーダーが輩出されているでしょうか。
入会させる会員拡大から、自然と人が集まる、入会したくなるLOMのつくりかたを当セミナーでズバリご提案します。

■地域の未来
自然と人が集まるLOMをつくることができれば、社会により良い変化を与えるリーダーが多く地域に輩出されます。そして、多くのJCのパートナーが地域に生まれ、JCのビジョンが地域に浸透し、地域から日本中を明るく豊かにする未来へとつながります。

■日時: 2024年7月20日(土)14:15
会場: パシフィコ横浜 メインホール

■出演者情報 プロフィール
日本JC顧問
帯広JC
梶原 一生君
2019年第61代理事長を務められ、JCIAPDCカウンシラー、日本JC国際グループ担当常任理事、2021年副会頭、2022年JCI財政顧問、2023年日本JC顧問を務められた経歴をもつ。株式会社丸勝専務取締役・十勝ヒルズ専務取締役であり、ビジネスやJCで日本のみならず世界中で活躍されています。

日本JC組織グループ
会員拡大委員会委員長
丹波JC
石川 毅君
「理念共感型拡大の実行パッケージ」を全国に展開しており、本年度70回を超える拡大セミナーを実施しています。

■サマーコンファレンス2024ホームページはこちらから
https://www.jaycee.or.jp/summerconference/

会員拡大委員会
委員長 石川 毅

日本青年会議所の会議・委員会
新着情報

S__73678858_0
写真1(デジタルチラシ)
112821
S__53624872
629195_0
messageImage_1721012421922
S__147210246_0
625939_0
621872_0
S__665894921