1. ホーム
  2. 日本青年会議所とは
  3. 2019年度会頭あいさつ

2019年度会頭あいさつ

9月も!「やりましょう!」

 

九州北部での記録的大雨の影響により、被災されました全ての方々にお見舞い申し上げます。
また、1日も早く復興ができますことを心よりお祈り申し上げます。

 

夏が終わり9月となりました。

 

青年会議所にとっては、来るべき2020年度に向けた
予定者の活動が始まる時期でもあります。

 

人間には約37兆個の細胞があり、
ほんの少数の細胞を除き日々古い細胞は死に、新しい細胞に入れ替わっています。
これを新陳代謝と言います。

 

JCも9月から12月にかけて、次年度に向けての活動が始まります。
しかし、細胞は入れ替わっても、人間は継続して活動しているように、
JCという組織は継続されています。

 

ここで大切なことは、JCという組織を途切れさせないということです。  

例年本年度の活動が弱まり、次年度の活動が始まっていく中で、
特に広報活動や拡大活動などがおろそかになる傾向があります。

 

役職や事業が単年度で切り替わるのが、JCの良き慣習ではありますが、
だからといってJCという組織を途切れさせてはいけません。

 

本年度と次年度が別々に活動するのではなく
JCという組織の価値を上げるべく
共に補完しあって活動しなければなりません。

 

本年度は本年度事業の完遂だけでなく
広報や拡大や制度改革によりJCの組織の価値をどう高められるかを
考えて行動すべきです。

 

次年度は次年度事業の構築だけでなく
本年度中でしかできない本年度との協働を行うべきです。

 

むしろその協働の中で、本年度の実績とネットワークと人材が引き継がれ、 本当の引き継ぎが実現するのです。

 

1つの年度だけで規則を大きく変えたりやり方を大きく変えるのは容易ではありません。

 

本年度と次年度が共にこの組織をどう変えるのかを真剣に考え
実行に移していく必要があります。

 

10月10日〜13日にかけて富山で行われる第68回全国大会のテーマは「新陳代謝」
私たちの組織が入れ替わり、変化し、成長する瞬間をぜひ見に来てください。

   

誰もが挑戦できる 幸せな国 日本の創造へ向けて

公益社団法人日本青年会議所 第六十八代会頭 鎌田長明

PAGE TOP