3月31日(日)14:00〜16:00
高松青年会議所 大会議室

「多子社会実現に向けた県民討議会 プレ事業」

普段あまり意識することはありませんが、2007年より12年間、連続で人口が減少しています。近い将来この少子高齢化によって引き起こされる様々な問題を解決するためには、子どもを安心して生み育てやすい社会(=多子社会)のしくみ作りが必要であり、そうした議論を香川県民に広めていくことで多子社会の実現に向けたムーブメントを起こしていかなくてはなりません。
そこで、その第1歩として今回のプレ事業を実施致しました。今回は、「高齢者の育児参加について」と、「所得税や住民税の軽減措置から考える結婚・出産について」という2つのテーマで、ご参加いただいたみなさまで議論をしていただきました。
その結果、私たちの委員会だけでは思いつくことのなかった意見や提案が次々と飛び出し、貴重なエビデンスを頂くことができました。
また、日本青年会議所 多子社会創造会議 副議長 工藤恵之助くん、総括幹事 八代宗太郎くんにもオブザーバーとしてご参加頂き、非常に力強い激励をいただきました。
今回のプレ事業を踏まえてさらにブラッシュアップをして5月に行う事業に向けて一層邁進し、香川県が子どもを安心して生み育てやすい社会ナンバーワンを目指せるようにこれからも運動を発信して参りますので、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

輝く未来推進委員会 委員長 瀬戸裕介S__15163394

代表者挨拶S__21413926

 

趣旨説明S__21413927S__21413910

S__21413947

グループワークS__21413914S__21413915S__21413913S__21413912

S__21413911

 

S__15163396

S__21413916S__21413917S__2141391811812

 

 

S__21413909ご参加いただきました皆様誠にありがとうございます。