1. ホーム
  2. 事業報告一覧【地区協議会・ブロック協議会】
  3. 子ども虐待のない社会の実現」を目指して!オレンジリボン運動を地域に発信! を開催しました。遠軽青年会議所

子ども虐待のない社会の実現」を目指して!オレンジリボン運動を地域に発信! を開催しました。遠軽青年会議所

 

「子ども虐待のない社会の実現」を目指し、オレンジリボン運動を地域に発信しました。

児童虐待は最多を更新し続けている状況にあり、その増加の背景には新型コロナウイルスの感染拡大での外出自粛よる在宅時間の増加によることも一因と報告されております。

 

虐待で尊い「命」を落としてしまう子ども達を一人でも多く守るために遠軽青年会議所はオレンジリボン運動を地域に発信しました。

 

地域社会で見守れる環境にし、子ども虐待への関心を持ってもらうことは不可欠だと考えました。

 

また、遠軽青年会議所の新たな資金確保のモデルケースとするべく新たな試みとしてクラウドファンディングに初挑戦し、リターン品を遠軽町の特産品・特産物とすることで日本全国の方々に遠軽町という素晴らしい町を前面に押し出すことで遠軽町を多くの方に知ってもらうこの事業に至りました。

 

 

【オレンジリボン運動 Small Sky Smile ~未来へつなぐ命の輪~】

 

概要:
クラウドファンディングで事業資金を確保し、小中学生を対象に熱気球に搭乗していただき楽しみながら、オレンジリボン運動(児童虐待問題)について一人でも多くの方に関心をもっていただくことを目的としています。

 

開催日:
クラウドファンディング(7月23日~9月5日)
オレンジリボン運動  (10月10日)
開催日:
クラウドファンディング(7月23日~9月5日)
オレンジリボン運動(10月10日)

 

対象者:小中学生

 

会 場:えんがる多目的広場(武道館横)

 

初めて挑戦するクラウドファンディングでは、今後この手法を用いる場合にわかりやすく明確に行うために、理事メンバーの意見をもらい、構築し、臨時総会を2回開催、金銭の動きの面での苦労やクラウドファンディング開催中の周知方法では頭を悩ませました。

 

10月10日のオレンジリボン運動の感染対策としては、各持ち場への消毒液の設置、マスクの着用、検温(37.5℃以上入場不可)この対策の他に、氏名・住所・連絡先の記入、密にならないように、小中学生に搭乗予約をしてもらう、時間帯別に会場入りをし、集客混雑を避ける対策を取りました。

 

上空滞在時間5分、実施時間3時間、一回の搭乗人数5人、予約順にて時間帯ごとに当てはめました。

 

個別に、当日何時に来場ください、との電話連絡をしていましたが、電話がつながらなく携帯電話からだと懸念され出られない方など、連絡の取り方には苦労したそうです。

 

 

事業を終えての担当者からの一言

クラウドファンディングは初めての試みであり、懸念がありましたが、なんとか成功に終わりメンバーの皆さんからも称賛をいただいたと同時に、今後の遠軽青年会議所の事業構築のモデルケースになったとの意見もいただきました。

 

オレンジリボン運動については、小中学生を対象としていましたが、大人の方が乗りたいという声もたくさんいただきました。

 

実際は途中でバーナー体験に移行しましたが、「楽しかった。今度は熱気球に乗りたい!」という声や、メンバーからも「一生忘れられない事業になった」との嬉しい声もいただきました。

 

 

【遠軽の魅力】

 

遠軽町の面積は1,332平方キロメートルで、約88パーセントを森林が占めています。

 

代表的な樹種は「トドマツ」で、建築用材や工芸品などに利用されています。

 

まちの中心部にはアイヌゆかりの名勝「ピㇼカノカ」として指定を受けている高さ78メートルの奇岩「瞰望岩(がんぼういわ)」が、町のシンボルとしてそびえています。

 

古くから交通の要衝として発展してきた地域であり、JRや高速道路網においては、オホーツク地域の玄関口ともなっています。

 

令和元年12月には、北海道内初のスキー場と併設した道の駅が誕生しました。

 

北海道遺産に認定されている「森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号」
北海道遺産に認定されている
「森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号」

 

日本最大級を誇るコスモス園「虹ひろば」10ヘクタールの花畑をコスモス1千万本が埋め尽くし9月14日は「コスモスの日」

 

合言葉は「まごころ」「調和」「愛情」

 

遠軽青年会議所主催、夏/花火大会、冬/雪提灯(ゆきちょうちん)

 

遠軽には小さな子どもから大人まで一年間を通じて四季折々のイベントが盛りだくさんです!

 

是非、私たちの住む「遠軽町」へ遊びに来てください!!

 

 

事業の担当者について

・総務委員会
委員長 早坂 侑起 君

 

・所属LOM
遠軽青年会議所(北海道地区北海道ブロック協議会)

URL http://engaru-jc.com/

 

PAGE TOP