1. ホーム
  2. 事業報告一覧【地区協議会・ブロック協議会】
  3. 知っておきたい!ネット時代の子育て~スマホ社会と子供の未来~を開催しました。北陸信越地区長野ブロック協議会

知っておきたい!ネット時代の子育て~スマホ社会と子供の未来~を開催しました。北陸信越地区長野ブロック協議会

 

知っておきたい!ネット時代の子育て~スマホ社会と子供の未来~を開催しました。

北陸信越地区長野ブロック協議会では、2021年4月18日(日曜日)、『知っておきたい!ネット時代の子育て~スマホ社会と子供の未来~』をネットライブ配信により開催しました。

 

この事業は、デジタル機器を活用し、子供たちにインターネットからの「情報を読み解く力」を養う機会を提供し、保護者は子供をサポートするために、タブレット・スマートフォンを始めとするデジタル機器の「正しい使い方」の知識を養っていただくことを目的に実施しました。

 

講師:(一社)エンターキー代表理事 濱田 康氏
司会:こてつ 北村智(きたむらとも)氏、河合武俊(かわいたけとし)氏 吉本興業(株)所属 長野県住みます芸人

 

【プログラム】

① 情報を読み解く力の必要性
② タブレット・スマートフォンの正しい使い方
③ これからのネット社会とは
④ 課題解決と回答の解説
⑤ アンケート記入

 

当日は48組の親子が、Zoomに入室して事業がスタートしました。

まず、ブレイクアウトルームに分かれて参加者それぞれが自己紹介を行いました。

その後、濱田康氏の講演が始まりました。

講演では、過去に起こった悪質なデマ情報を例に、情報を読み解く力の必要性が説かれ、タブレット・スマートフォンの使い方など、保護者にとっても役立つ情報も伝えられました。その上で、これからのネット社会では、インターネットを過度に制限するのではなく、責任と誇りを持って付き合っていくことが重要であるとして講演が締めくくられました。

その後、インターネットを活用しての課題解決について、親子で取り組むゲームを実施しました。

こてつの素晴らしい司会でゲームは大いに盛り上がり、子供たちも終始笑顔で取り組んでいました。

 

 

事業を終えての担当者からの一言

2時間と長時間であったにもかかわらず、子供たちが飽きずに取り組む姿勢が印象的でした。

 

保護者の方々にも非常に興味をもってもらうことができ、これからの子供たちがデジタル機器を通してどのようにネット時代と関わっていくのかを認識して頂くことができたものと思います。

 

自分自身も今回の事業を通して、ネットと子供たちの関わり方を考えていくことは重要であると認識しました。(中原委員長)

 

 

事業の担当者について

・リテラシー向上委員会
委員長 中原 健一郎 君

 

・出向の動機
「信州を担う子供たちに学びの機会を提供し、成長して頂く為に出向致しました。」

 

・所属LOM
公益社団法人塩尻青年会議所(北陸信越地区長野ブロック協議会)

URL http://shiojiri-jc.jp/about/detail

 

PAGE TOP