1. ホーム
  2. 2021年度 ブロック協議会 会頭公式訪問(一覧)
  3. 岡山ブロック協議会に訪問しました。

岡山ブロック協議会に訪問しました。

 

【日時】2021年6月6日(日曜日)16:00~18:00

 

【会場】ZOOM

 

【内容】岡山ブロック会長井戸啓太君とのトークセッション・質疑応答

 

➀withコロナ、afterコロナを見据えたJC活動の質的価値の向上と今後の会員拡大

 

➁日本の将来を担う子供たちや若者に対する教育の質的転換の重要性について(答えがある時代の教育から、答えのない時代への変化)

 

➂夢溢れる強くしなやかな日本にしていくためには?

 

【トーク内容】野並会頭からのメッセージ

 

➀今までは、決められた形がある中でJC活動を進めていくことができたが、現在このような状況下では、今までのような形でJC活動を推進していくことには無理がある。だからこそ、今までみたいに量をこなすのではなく、事業の質を向上させることを個人で考えてほしい。なぜなら、今後のJC活動もコロナ前に戻ることはない。だから、コロナを言い訳にしなしでほしい。逆に、このような環境のすばらしさを感じてほしい。

 

会員拡大については、今まで行ってきた形やルールを変えていってほしい。なぜなら、手法を変えても自分たちが変わっていなければ魅力のある団体とはなっていかない。今までやってこなかったことを行う選択肢を入れていってほしい。そして、このような状況だからJCに入りたいと思われるような、魅力ある団体へと成長させていってほしい。

 

 

➁現在の子供の教育は、先生と生徒という価値観がなくなってきていることが多い。今までの日本の教育は、答えがあることを前提に教育を行っていたが、答えのない教育を押し進めていく必要がある時代に入っていると思う。それを、現在の教育の中にどのようなタイミングで導入していくかはとても難しいし、子供の事業を多く抱えているLOMが多くある中で、JCとして時代に合わせ、子供に合わせることができるように質を考えるように事業展開をしてもらいたいと思う。

 

 

➂色々な角度から物事を観てほしい。誰が引っ張っているのかを考えてみることが必要だと思う。自分の地域に落とし込んで、その地域を引っ張って生き続けていくしかない。それが、市か県かはわからないが、やり続けて欲しい。一人一人が、岡山のこと、自分の街のことを誇れるようになってほしい。そして、自分が引っ張り続けるという気持ちを地域、会社、個人、家族に落とし込んでいってほしい。それが、日本を強くしていくことだと思う。

PAGE TOP