1. ホーム
  2. 事業報告一覧【公益社団法人日本青年会議所】
  3. 2021年度京都会議「セミナーショーケース」~最短で輝く人財育成プログラム~を開催しました。JCプログラム革新委員会

2021年度京都会議「セミナーショーケース」~最短で輝く人財育成プログラム~を開催しました。JCプログラム革新委員会

 

2021年度京都会議「セミナーショーケース」~最短で輝く人財育成プログラム~を開催しました。

2021年1月22日(金曜日)と23日(土曜日)に行われた2021年度の京都会議において、「セミナーショーケース」~最短で輝く人財育成プログラム~を開催しました。

 

人財育成のためのプログラムとして、「Visual Future」(素早く的確な判断を行う方法を学ぶプログラム)と「Change Your Behavior,Change Your Life」(人生でたくましく生きるための考え方や実践方法のヒントを得ることができるプログラム)を、理事や役員向けプログラムとして「JCIーAdmin」(LOMのマネジメントを学べるプログラム)と「Effective Leadership」(発揮すべきリーダーシップをディスカッションを通して学ぶプログラム)を開催しました。

 

また、新入会員の育成や会員拡大の切り口として「マインドマッピング」(右脳の活性化によって豊かなアイディアを生み出すことができるようにするプログラム )と「JCIーDiscover」(青年会議所の存在理由や使命、リーダーに必要な要素を理解するためのプログラム)を、ビジネスの機会として「スピーチ」(様々な手法を用い説得力を向上させるスピーチの手法を学ぶプログラム)と「VMV」(JCの基礎から目指すべき未来、JCでやるべき事や運動の価値等を学べるプログラム)を開催しました。

 

開催後のアンケートでは、80%のメンバーがセミナーの内容に対して「理解できた」と回答し、18%のメンバーが「やや理解できた」と回答するなど、大多数の方に私たちが伝えたいことを伝えることができたものと思います。また、32%のメンバーが「トレーナーに興味がある」もしくは「トレーナー制度を知りたい」と回答しており、さらに62%が「他のセミナーに興味がある」「他のセミナーも受けてみたい」と回答していることからも、本事業を通じてセミナーやトレーナーに興味を持っていただくことができたものと思います。

 

このように参加者したたくさんのメンバーにプログラムの趣旨を理解してもらうことができ、短期間でJCの本質を理解していただくことができたものと思いますし、受講者の3人に1人はトレーナーに興味を持っていただけたことは、今後トレーナーを全国に増やしていくための重要な拠り所を作ることができものと思います。

 

特に、入会3年未満のメンバーも83名参加して頂きましたが、その中の69%が「他のプログラムも受けてみたい、興味がある」と回答していることから、JC歴の浅いメンバーに対しても興味や関心を惹くことができたものと思います。これを切り口として今後もセミナーを推進し、JCの運動を効果的に発信していければと思います。

 

当日の参加人数について

1月22日(金曜日) 参加人数
【JCIーDiscover】 26名
【Visual Future】 30名
【マインドマッピング】 31名
【JCIーAdmin】 30名

 

1月23日(土曜日) 参加人数
【JCIーDiscover】 30名
【Change Your  Behavior,Change  Your Life】 30名
【スピーチ】 68名
【Effective  Leadership】 29名
【VMV】 36名
【セミナー(ZOOM)、相談会】 358名


 

 

 

事業を終えての担当者からの一言

今回、初の完全WEB化に伴い、先が見えないトンネルをたいまつを持たずに歩いていくイメージでした。

 

対面で会えないメンバーに、適切に伝えられているのか?という不安が大きかったです。

 

参加者の動員が一番苦労しました。現地ならば、すぐに対応できることも、WEBだと一人一人電話連絡やSNSメールで対応しなくてはならないからです。登録もれや、流動的に参加したいという声が多くありました。

 

セミナーは事前にグループ表をトレーナーに情報展開し、進行していくので、開始直後まで修正して報告し、対応することがとても大変です。動員計画と誤差が1割しかでていない事がとても嬉しく思っています。

 

参加者からのアンケートも、満足度が高く、各地会員会議所で反映されています。現在セミナーは、年間500以上開催が見込まれています。目標の595セミナー開催、新規トレーナー、HTの開発に向け、目的達成できるよう邁進してまいります。

 

 

事業の担当者について

・JCプログラム革新委員会
副委員長 廣瀬 哲也 君

 

・出向の動機
「ステップアップするため」

 

・所属LOM
公益社団法人下館青年会議所

URL https://www.shimodate-jc.jp/

PAGE TOP