1. ホーム
  2. 事業報告一覧【公益社団法人日本青年会議所】
  3. My Virtual Hometown〜とどけ、私たちのくらし〜を開催しました。国際イノベーション開発会議

My Virtual Hometown〜とどけ、私たちのくらし〜を開催しました。国際イノベーション開発会議

 

※写真撮影のため、一時的にマスクを外しております。

 

My Virtual Hometown〜とどけ、私たちのくらし〜を開催しました。

本事業では、地域アンバサダーを育成し、

 

➀地元の観光地を回ることでの域内循環

 

➁Instagram上での魅力発信によるヴァーチャル住民の獲得

 

➂クラウドファンディングを通じた外貨の獲得

 

➃未来チケットの配布による将来的な訪問者の獲得

 

4つの観点でインバウンドを盛り上げるモデルケースを展開しております。

 

アンバサダー育成プログラムは、地域企業を対象に、ZOOM上での座学と現地撮影の計3日間で開催するプログラムです。

 

各ブロック協議会のご協力の下、現在3箇所において、地域アンバサダーによる投稿を続けております。

 

また、地域住民以外の地域のファンを「プレアンバサダー」としてハッシュタグ投稿を促し、フォロワー数1,000名超を達成しました。

 

今後の展開として、クラウドファンディングのキャンペーンを実施し、地域の観光業のさらなる活性化を目指します。

 

地域応援ギフトとして、地域を訪問した際に使える「未来チケット」をご用意しておりますので、ぜひともご支援、ご協力をお願いいたします。

 

 
※写真撮影のため、一時的にマスクを外しております。

 

 

事業を終えての担当者からの一言

渡航制限下でも地域の魅力を体験し発信し続ける仕組みを作ることで、内需による収益と将来的なインバウンドを実現すべく、本事業がスタートしました。

 

事業を進めるにつれて、移動制限により延期を余儀なくされるなどの課題に直面しましたが、チームの力で解決を図り、地域アンバサダーや対外フォロワーが日々増加しております。

 

また、各地の青年会議所とも連携し、投稿をリポストさせていただくことで、発信面で相乗効果が生まれております。

 

各地の魅力を発信するプラットフォームとして、ぜひともご活用ください。

 

 

事業の担当者について

・国際イノベーション開発会議
副議長 大橋 正幸 君

 

・出向の動機
「昨年度の出向では、メンバーの志の高さや関係性がとても良かった一方、感染症のせいで関わり合いが強められなかったことから、今年こそはという気持ちで出向しました。各地のLOMメンバーの前向きな姿勢を通じて、自分の考え方が大幅に変わる機会を頂けました。来年が最終年度となりますが、自分がしていただいたことをLOMに還元していきたいです。」

 

・所属LOM
一般社団法人大阪青年会議所

URL https://www.osaka-jc.or.jp

 

PAGE TOP