第49回京都ブロック大会・山城大会

5月16日(日)WEB配信

当日ご視聴いただいた皆様、本当にありがとうございました。
途中、音声等の乱れがあり、お聞き苦しい場面があったこと、この場を借りてお詫び申し上げます。
当初の予定を変更し、完全WEB配信となる中、式典においては、最新のテクノロジーを用い、京都ブロック協議会の方向性や府内各地会員会議所の方向性を発信することで、困難な中にも未来に夢・希望・理想をもって走り続ける青年会議所の姿をお伝えできたと感じました。
フォーラムにおいては、日本電産株式会社の永守会長を講師としてお迎えし、「危機に負けず独自の価値を創るには」をテーマにご講演をいただきました。ご講演では、ご自身の経験を踏まえながら、自社をどのように世界に通用する企業に育てられたかを語っていただきました。
その後、京都府商工会議所青年部の村田会長、京都府商工会青年部の福岡会長、京都ブロック協議会の達城会長から永守会長に3団体を代表して質疑応答をしていただきました。
コーディネーターには、フリーキャスター兼ジャーナリストの竹内弘一様につとめていただきました。
質疑応答では、3人の会長から自社の経営や、危機をどのように乗り越えたかなど、その場でしか聞けない緊張感溢れる場面が生まれ、3団体がパートナーシップを結ぶきっかけ作りになりました。
ご参加いただいた皆様のおかげで、コロナ禍で緊急事態宣言が出る中にも関わらず、なんとか式典・フォーラムを開催することができました。全体写真

3団体

永守会長

会長挨拶
今後とも京都ブロック協議会をよろしくお願い致します。