1. ホーム
  2. 新型コロナウイルスへの対応について
  3. 新型コロナウイルス感染並びに陽性反応についてのQ&A

新型コロナウイルス感染並びに陽性反応についてのQ&A

今回の感染並びに陽性反応について、メンバーの皆様から
寄せられている質問についてのQ&Aページとなります。

 

Q1:濃厚接触者の定義は何でしょうか?

A1:新型コロナウイルス感染者の発症2日前から
下記の3条件を満たしている人が、保健所による感染者
の疫学調査によって、濃厚接触者として特定されます。

 

  • 〇 お互いの距離が約1m以内
  • 〇 マスクなし
  • 〇 15分以上会話

 

濃厚接触者は保健所から連絡があり、PCR検査等をうけ、
陽性、陰性の判定が行われますが、陰性であっても感染者
との最終接触日から2週間の自宅待機が要請されます。

 

※出典:国立感染症研究所

 

Q2:感染期間はどの程度でしょうか?

A2:潜伏期間は1日から約14日。体内にウイルスを
取り込んでから約5日で発症するケースが多いといわれ
ています。

また、発症2日前から7~10日程他人への感染力がある
といわれており、感染力のピークは、発症2日前から
17日時間前(0.7日前)といわれています。

 

※出典①:厚生労働省

※出典②:コロナ制圧タスクフォース

 

Q3:発症または陽性反応がでた方と接触したと思うのですが、どのような対応をしたら良いでしょうか?

A3:11月12日以降、新型コロナウイルス陽性判定
の理事については、日本青年会議所の「新型コロナ
ウイルス対応チーム」にて、発症から2週間前までの
青年会議所メンバー、および関係者等との行動履歴と
接触履歴を確認しています。

 

その後、行動・接触履歴の中で、A1の①~③の条件
を満たしていると考えられるリスクの高い方を把握し、
その方々へ「新型コロナウイルス対策チーム」より
個別に連絡し、自主的なPCR等の検査依頼を行って
おります。

 

なお、最終的な濃厚接触者か否かの判断は、保健所に
よって行われます。

濃厚接触者と特定されている青年会議所関係者は5名のみです。
5名についてはPCR検査で陰性と判明しています。

 

その他、11月22日21時時点で新型コロナウイルス
対応チームから個別に連絡し、11月12日以降に
自主検査を行った者は71名(感染者①②を除く)です。

71名のうち、陽性判定は感染者③④の2名であり、
67名がPCR検査で陰性判定、1名が検査結果待ち、
1名が検査順番待ちとなっております
(2020年11月22日21時現在)。

 

自主検査対象者 71名
陽性判定 2名
陰性判定 67名
PCR検査結果待ち 1名
検査順番待ち 1名

 

 

Q4:検査を受けたいのですが、どのようにしたら良いでしょうか?

A4:保健所から濃厚接触者に特定された方については、
保健所が受診調整したのちに指定の医療機関で検査を
受けることができます。

 

濃厚接触者ではないが、リスクが高いと思われる方は、
各市町村による新型コロナウイルスコールセンターや
保健所にご相談ください。感染リスクが高いと判断
されますと濃厚接触者と同様に、受診調整ののちに、
指定の医療機関と受診日時が指定されます。

 

なお、濃厚接触者や陽性反応がでた方は保険適用が
うけられますが、それ以外の場合は自主診療になる
場合もありますので、保健所、医療機関にご相談ください。

 

また、感染リスクが高いと考えられますが、濃厚接触者
ではないので保健所指定の検査が受けられない場合で
あっても医療機関では自費で検査を受けられる場合が
あります。

 

抗原検査は検査後数時間、PCR検査は1~3日程度で
結果が判明します。

 

Q5:自主隔離したほうが良いでしょうか?

A5:保健所等の専門機関より濃厚接触者に特定された方は、
保健所の指示に従い、自主隔離と検査をうけてください。
濃厚接触者は陰性判定を受けてからも感染者との最終接触日
から2週間の自宅待機が要請されます。

 

感染リスクが高いと新型コロナウイルス対策チームから連絡が
あった方は自主的な検査と所在地を管轄する保健所へ連絡と
指示を受け、結果が出るまでなるべく人との接触は避ける
ようにしてください。

 

それ以外の方は、自主隔離の必要はございません。但し、
引き続き感染対策にはご留意ください。

 

Q6:今回、感染並びに陽性反応がでた方と濃厚接触したと考えられるリスクの高い人へ、どのような対応をしていますか?

A6:上記A3の回答欄に記載の通り、「新型コロナウイルス
対策チームより、接触のリスクが高いと判断される方へは個別に
連絡させて頂き、その後、各自で保健所、または、医療機関に
連絡し、PCR等の検査を受診頂いております。

現在、感染並びに陽性反応がでた4名との接触リスクが高い方に
ついては、既に連絡済みです(2020年11月14日21時現在)。

 

Q7:大勢の人が集まる会議・フォーラムなどは感染の可能性はありますか?

A7:保健所へ確認したところ、参加者の消毒、マスク着用、
検温といった感染防止対策を徹底されていたら感染のリスクは
極めて低いという回答をいただいております。

また、本会では専門家や経済産業省による監修のもと、
コロナ禍における会議、フォーラムなどを開催するための
「カンファレンス開催ガイドライン」を作成しております。
会議・フォーラムなどを開催する場合には、こちらを参考に
してください。

 

カンファレンス開催ガイドライン

 


このQ&Aは、青年会議所メンバーの皆様から問合せを
いただきましたら、新型コロナウイルス対策チームにて
精査したのちに、随時更新させていただきます。

 

作成:2020年11月13日
更新:2020年11月14日

 

【その他参考資料】

  1. 新型コロナウイルス感染症COVID-19診療の手引き 第2.1版(厚生労働省)
  2. コロナ制圧タスクフォース(武藤義和医師)一般公開資料
  3. 企業のための新型コロナウイルス対策マニュアル(著:和田耕治/国際医療福祉大学 医学部 公衆衛生学 教授/東京経済新報社)

PAGE TOP