1. ホーム
  2. 2022年度 ブロック協議会 会頭公式訪問(一覧)
  3. ★「中島会頭がゆく!」 第10回 愛知編★

★「中島会頭がゆく!」 第10回 愛知編★

「相手の成長を願い、相手が受け取れるボールを投げる。」



【3月19日(土)】
会頭公式訪問in愛知ブロック協議会



当日は感染症対策に万全を期して開催され、現地には多数の参加者が駆け付けました。
愛知ブロック協議会メンバーと中島土会頭との質疑応答の様子を一部ご紹介致します。



◆愛知の経済成長委員会 委員長 原口 大 君(丹羽青年会議所)
Q.会頭が本気でJCに取り組もうと思った瞬間、スイッチが入ったきっかけがあれば。



●中島会頭
A.初めての役職、大分ブロック協議会で総務委員長を務めた際、正直、JCのことが分からない、でも、「今日から君がすべての議案をみて体裁等に意見をすること」という重大な任務を授かりました。その時、直属の上長は何もわからない私に対して、毎日の様に私の会社に来て、親身に指導くださいました。たった一年だけのチームにも関わらず、何も見返りもないのに、私の成長を願って必死に支えてくれた上長や仲間の皆さんを見て、「私もこうなりたい」と思いました。スイッチが大きく入った一つの出来事です。



◆名古屋青年会議所 冨田 流令 君
Q.奉仕、そして愛とは、ときに受け取り方によってはおせっかいにもなり得るが、そのバランスのとり方があれば。



●中島会頭
A.「そこまでしてくれなくても」と思うくらいのことをしてもらって、結果、私も発展と成長の機会を頂戴してきました。先日YouTubeに公開させて頂いた『あなたの想いが伝わる秘訣』という動画でも触れていますが、正しい事を、正しいままに相手に投げてしまうと、相手が取れない場合があります。剛速球や変化球を投げるのではなく、そのようなボールを投げる能力のある人が、あえて相手が受け取れるボールをどう投げるのか、受け手の立場を考えて、言葉、行動、導き方を変えることが重要です。



※『~あなたの想いが伝わる秘訣~ 第71代会頭 中島土講演』公開中!
https://youtu.be/Q4CsdkBcjUQ

※集合写真撮影時は発声を伴わずにマスクを外しております。

PAGE TOP