1. ホーム
  2. 2022年度 ブロック協議会 会頭公式訪問(一覧)
  3. ★「中島会頭がゆく!」 第14回群馬編★

★「中島会頭がゆく!」 第14回群馬編★

「これからの日本をつくるのは、私たち青年である。」



【4月2日(土)】
会頭公式訪問in群馬ブロック協議会



群馬県内会員会議所理事長との座談会では、様々な意見が交わされました。その一部をご紹介致します。



◆太田青年会議所 理事長 石井 克弥 君
Q.この国は、今後、どこに向かっていくのか。



●中島会頭
A.現状、日本は世界の中で総合得点において最高の水準にあるはずです。我が国は民主主義、自由主義であり、つまり、誰もが自分の意志で経済活動ができますが、実はこのような国は世界の1/3と言われています。国はまちの集合体ですから、国がさらに発展するには、今後、それぞれのまちがより良くなることが重要です。地域の課題は山積しておりますが、その課題こそ、ある種の伸びしろであり、財産とも言えます。これからの日本を作るのは私たち青年ですから、JCには市民の皆様が未来に希望を抱き、当事者意識もってより良き社会を目指せる仕組みをつくる使命があります。



◆渋川青年会議所 理事長 細谷 広平 君
Q.女性会員の参加率が高いものの、卒業を迎える前に退会する事例が多い。女性会員が在籍しやすく、活躍しやすい仕組みがあれば。



●中島会頭
A.世界には女性だけで構成されているLOMがあります。ルール上、男性が入れない等、特別なLOMの文化がありますが、そのような強みを活かすストーリーがあると良いです。女性だからできる事に着目したり、組織として多様性を深めていくことを目指して、ルールと風土を変えていく、それができるのは組織のリーダーの皆様です。実際に、女性会員の拡大に成功したLOMの事例として、会議や事業で子供を預けることのできる環境を整備したり、会議開催時間を誰しもが参画しやすく設定したり、ルールとともに風土を変える取り組みを行っています。風土を変える理由を、リーダーとしてメンバーに伝えていくことが重要と考えます。



※集合写真撮影時は発声を伴わずにマスクを外しております。

PAGE TOP