1. ホーム
  2. 2022年度 ブロック協議会 会頭公式訪問(一覧)
  3. ★「中島会頭がゆく!」 第25回高知編★

★「中島会頭がゆく!」 第25回高知編★



「より良い故郷の未来像を描く。」



【4月23日(土)】
会頭公式訪問in高知ブロック協議会
恒例の会員会議所理事長をはじめとするメンバーの皆さんと中島土会頭との質疑応答の様子を一部ご紹介致します。



◆中村青年会議所 理事長 谷口 雄司 君
Q . 発展と成長の機会の提供とその積極的な獲得が、私自身をポジティブチェンジさせてくれたと感じています。理事長として、これを入会見込者に伝えるには。



●中島会頭
A . 話しを聞く相手の立場に立つと、自分の感覚からあまりにも遠く離れた話だと、拒絶してしまうことがあります。例えば今、入会を検討している方に、「JCは愛を前提とした組織です。」だけを話しても、伝わるどころか、もしかすると引かれる可能性があります。JCに受け継がれる愛を説明することは大切ですが、言葉の選び方に注意が必要です。
私が、人になにかを伝える際には、正しい情報をそのまま伝えるのではなく、それを、自分だけのストーリートークとくっ付けて、自分の言葉で話すように意識しています。
谷口理事長にも、ご自身だけの愛を前提としたストーリーが必ずあるはずです。是非、そのお話を入会見込み者へされては如何でしょうか?言葉は違えど、この組織の魅力がより伝わると思います。



◆高知青年会議所 理事長 黒瀬 裕之 君
Q . 私自身は、社長になることが目的でJCに入会しました。JCで様々な経験を積んだおかげで、今、また違った目線を持つことができています。中島会頭は、何故、何のためにJC運動を続けているのか。



●中島会頭
A .まちをより良くしたいという想いが、JC運動の大きなモチベーションになっています。JC運動の本質は、まちの青年が自らの力で、まちをより良くする運動を起こすことだからです。本年度は、全国の青年会議所メンバーの皆さんが進めていらっしゃる運動をサポートすることが、会頭としての重要な責任と役割と考えています。



※当日は感染症対策に万全を期しながら現地開催されました。
※集合写真撮影時は発声を伴わずにマスクを外しております。

PAGE TOP