1. ホーム
  2. 2022年度 ブロック協議会 会頭公式訪問(一覧)
  3. ★「中島会頭がゆく!」 第6回 三重編★

★「中島会頭がゆく!」 第6回 三重編★

三重ブロック協議会 会頭公式訪問

「愛が青年会議所の価値を高める。」



【3月1日(月)】

会頭公式訪問in三重ブロック協議会



感染症対策に万全を期しながら現地開催され、多くの理事長とメンバーの皆様が参加されました。中島会頭は会場からの様々な質問に対して、家族の話や、会頭所信を書いた際の秘話等を交え、普段は明かすことの無いエピソードに触れながら答えました。



質疑応答の様子を一部ご紹介致します。



◆松阪青年会議所 中西 弘樹 君
中島会頭は家族で地区大会やサマーコンファレンスに参画されるとのこと、家族の理解を得るために気を付けていることがあれば



●中島会頭
家族に情報をすべてオープンにしており、常に話題を共有しています。私の妻は青年会議所に関する用語を普段から使い、私よりも機関誌We Believeを読み込んでいるかもしれません。誰よりも私を応援してくれます。もちろん、どこかに行けば必ずお土産を買って帰ります。



◆亀山青年会議所 理事長 中島 雅代 君
会頭の所信にある、「愛」という言葉を使うに至った想いや経緯とは



●中島会頭
所信を書くとき、青年会議所での経験や出会いによる自身の変化を整理、つまり棚卸しをしました。これまで自分を支えて下さった皆様の顔を思い浮かべたとき、そこに「愛」があることに気が付きました。全国のメンバーの皆様が、それぞれのストーリーの中に、同じく愛を感じるなら、青年会議所の価値はより高まり、愛を、そして幸せを生み出し続けるプラットフォームになり得ると考えます。



次回、第7回は岐阜ブロック協議会編をお届けします。

※集合写真撮影時は発声を伴わずにマスクを外しております。

PAGE TOP