1. ホーム
  2. ★「中島会頭がゆく!」 第18回千葉編★

★「中島会頭がゆく!」 第18回千葉編★


「より多くのメンバーが、リーダーを目指したくなる組織に。」

【4月9日(土)】
会頭公式訪問in千葉ブロック協議会



県内会員会議所理事長をはじめメンバーの皆さんと中島土会頭との質疑応答の様子を、一部ご紹介致します。



◆松戸青年会議所 理事長 加森 公人 君
Q. 様々な経験を踏まえて会頭を目指すこととなったきっかけとは。



●中島会頭
A. きっかけの一つとして、2017年にJCI日本の委員長、2018年に同国際グループの会務担当常任理事の役割を務めさせて頂いた際、当時の会頭に帯同する機会を得、会頭職の内外に対する影響力の大きさを間近で知るとともに、ご指導のもと様々な経験を積ませて頂いた事があげられます。



一般的に、トップリーダーは、文化やルール、風土等を変えていくことができる「ルールメーカー」です。私は、より多くのメンバーがそれぞれの社会、そして組織をより良くするために、リーダーをもっと目指したくなるJCにしていきたいと願っています。



◆八千代青年会議所 理事長 前島 宗仁 君
Q. リーダーとしての失敗談があればお聞かせください。



●中島会頭
A. 私自身、本気でまちをより良くする運動をつくろうとする中で、役職者に対して自分の考えを強く言うこともありますが、相手が受け取れるボール(言葉)かどうかを考える必要があるなぁと反省します。自分が投げたいボールのみを投げるのではなく、相手が受け止められるボールとは何かについても考えて、行動する必要があるからです。
人に変化を及ぼすことは簡単ではありませんが、それに比べ、自分を変えるのは自分の意志ですから比較的簡単です。それらの失敗を踏まえ、人を変えようとする前に、まず自分自身から変わろうと心がけています。

※当日は感染症対策に万全を期しながら現地開催されました。集合写真撮影時は発声を伴わずにマスクを外しております。

PAGE TOP